fc2ブログ
ヤーヤ便1
三重県・尾鷲市のおさかな市長として有名な岩田さんと尾鷲観光物産協会が総力を上げて販売している『尾鷲まるごとヤーヤ便』の第一便が昨日、届きました!
尾鷲の美味しいものが一杯詰まっています。
ヤーヤ便2
開けると中から夏みかんや、お菓子、マグロ、そしてヒノキのハガキにウナギのお寿司までいろいろな物がぎっしり。
今年はどんなものが詰まっているかしらと、開く楽しみがありますね~。
ラインナップを見ると、なんとなく実家のお母さんが子供に地元のもの、お家にあったものを思いっきり詰めて
送ってきてくれた感じです。
今年は冊の大きな塊のままのメバチマグロにとろカツオも入っていました!
昨年の寂しいお刺身の切り身と比べると進化していますね~。
説明書に書かれていたのですが、尾鷲って、遠洋マグロはえ縄漁船の基地があるのですね。
だからマグロだったのですね。
きっと解凍して切るのは面倒な方もいるかもしれないでしょうけど、この塊を美味しく解凍して食べたら、
感動しますね~。
トロカツオも楽しみです。
昔ながらのかつおの生節、タチウオのみりん干し、それに尾鷲で一番人気のサバの「梶賀のあぶり」も入っていてます。
天ぷらもマダイとブリの天ぷらが入ってました!ブリの天ぷらは初めてです。
様々な地域で地域活性化のひとつとして産直を手がけていますが、尾鷲のヤーヤ便、アフターフォローと購入者の意見をちゃんと聞いて努力をして、どんどん進化をしているところがすごいなぁ~と思います。
もちろん、これは???というものも入ってないわけではありませんが、きっとヤーヤ便で購入してもらって、厳しい意見を生産者の人が知る事も次のステップになりますよね。
今年は、10月便、12月便、3月便それぞれ、個別でもこれから追加申し込みできるようです。

8月6日には「おわせ港まつり」と「尾鷲イタダキ市」が開催されます。花火も上がるみたい!

尾鷲は東京から出かけるには少しだけ交通が不便ですが、海、山、川に恵まれ、とても豊かなところです。
美味しいコーヒーの飲める素敵なカフェもありますよ~。
「おとと」という地元にねざしたお店も再スタートしたようです。
尾鷲、良いところです。
夏休、尾鷲に遊びそして、おさかな市長に会いに行きませんか?
私はメイチダイを食べに尾鷲に行きたくなりました。
三重県・尾鷲 | コメント(4) | トラックバック(0)

再び、ハバノリ!!

2011/03/02 Wed 00:00

はばのり1

ハバノリ、頂いてからかなりはまって調べています。
日本全国に分布しているらしいこと。
千葉、神奈川でも作られていて食べられていること。
めっぽう高級品!
お正月のお雑煮にいれるところがあること。

などなど・・。

調べるとどんどん、ハバノリワールドにハマっていきますね~。
すごく参考になったホームページを発見!!
いずハピ

さらに、ウエカツさんの双子の兄?!ってくらいウエカツさんと仲良しの西潟さんの
西潟市場
にもハバノリのこと詳しくでています。
どちらも、勉強になりました。

お雑煮、チャレンジしてみようかなぁ~って思います。

さて、あなたのお家の回りではハバノリ、食べますか?
どのあたりで食べられているのか、すっごく興味津々です!
三重県・尾鷲 | コメント(6) | トラックバック(0)
はばのり2
三重県・尾鷲の三日に一魚さんから、今が旬の天日干しの「はばのり」を頂きました。
はばのり3
袋からあけるとふわ~っと磯の香りがただよって、香りだけでも美味しさが伝わります。
普通の海苔とちがって、ひとつひとつ海藻のかたまりがよーく分るので、
摘んで集めて、1枚の海苔の形にするのがどんなに大変な労力なんだろうっと
大変さが伝わる1枚です。

千葉や神奈川でも、はばのりを作っているところもあるそうですが、
めっきりハバノリが採れなくなり、1枚数百円から千円以上もする、
超高級食材になってきているそうです。

『はばのり』から『幅を利かす』ととらえて、お正月に縁起物として
食べる地域もあるそうです。

食べ方はシンプルにさっと炙って、良くもんで温かいご飯にお醤油と一緒に頂くのが一番だとか。
さっそく、玄米を炊いて頂きました!
はばのり1
さっと炙るのが実はなかなか難しかったです。
結構すぐにこげちゃうので、注意深く遠火でさっと炙って手でもむと、海苔の香りと海藻のかおりの
両方がして、まさに磯の香り!!です。
しょきしょき、しこしこっとした食感。
噛むと磯の風味が口中に広がります。
美味しい~~。
確かにご飯、進みます。
ご飯にかけず、そのままつまんでも美味しくて、お酒のつまみに最高です。

そうそう、残っていたタナカゲンゲの身を、私としては珍しく醤油・黒酒・粗糖と昆布・葱を加えて甘辛く煮てみました。
タナカゲンゲ身

たなかげんげ煮付け2
その中に、ハバノリを入れてみたのですが、味の引き締め役になってくれました!
煮込んでも煮くずれないのですよね、ハバノリ!!
食感がちゃんと残っていてすごく美味しいのです。
きっとこれならハバノリの天ぷらにしても美味しいだろうなぁ~。
ということで、今晩はハバノリの天ぷらを作ってみます。
きっと、パスタにもスープにもこれでテリーヌ作っても
美味しいかも!魅力的な食材ですね!!
三日に一魚さん、貴重な美味しい伝統食材を教えていただき、
本当にありがとうございます。
勉強になりました!!
因に、
>>続きを読む・・・
三重県・尾鷲 | コメント(9) | トラックバック(0)
黒かます

尾鷲の黒カマスの干物。
丸清北村商店さん、
塩加減、干し加減、抜群です。

やっぱりすごいなぁ~。
つぼにはまりました!
本当に美味しいし、素材としてとても使いやすいです。
頂いた黒カマス、テフロンのフライパンで油をひかずに、
塩こしょうもせず、両面をしっかりこんがりと焼きます。
焼き上がったらお皿にのせて、カマスを焼いたフライパンに
少量の白ワインを入れてフライパンについた焦げと旨味を良くとかし込み、
自家製ジェノベーゼを入れてソースを作ります。

このソースを焼き上がった黒カマスの上にかけるだけ。
いや~これ、美味しいです。
単純に美味しい!!

干物、本当に便利!
自分で魚を漁港で買って、干物作りたいなぁ・・。
またまた尾鷲に行きたい病です。


三重県・尾鷲 | コメント(12) | トラックバック(0)
ショウワダイご飯1
「尾鷲・ショウワダイの炊き込みご飯」

尾鷲の魚の干物は実に美味!
2010年は私にとっては干物・開眼年、
干物の美味しさにハマりました。

今年は嬉しいことに、新年早々干物にハマるきっかけになった丸清北村商店さん作・尾鷲ならではの干物を頂きました!
尾鷲の干物
(左 小鯖、右 ハナジャコ、下 メヒカリ)
今回頂いた干物は全部で5種。
いずれも尾鷲らしいものばかり。
・はなじゃこ(ひめじ)の丸干し一日一魚さんの解説(ハナジャコ)
頂いたのは丸干し。
実はこの魚、フランスではLe rouget (ルージェ)と呼ばれていて、
高級フランス料理店でしばしばメニュに乗っています。
私の古~い記憶なのですが、
最初にヒメジを食べたのはパリの三ツ星レストラン「アルページュ L'Arpege」。
シェフ・アラン・パッサールさんの料理でしたが、
内臓を抜いてない丸のままの状態でかなり生っぽい焼き方のルージェ5尾に、
黒オリーブで出来たタプナードソースが添えられた一皿で、
内臓がイカの塩辛っぽい独特の風味で、日本人には懐かしい味で
シンプルな料理方法の割りには高いなぁ!って思った記憶があります。
はなじゃこ

メヒカリ(アオメエソ)一日一魚さんの解説(メヒカリ)
メヒカリは、最近、築地でも良く見かけるようになりました。
干物でも美味しいし、天ぷら、フライ、焼いても美味しい魚です。
結構最近、人気の魚で値段も随分高くなりました。
目がぴ~って光っているのが特徴!
めひかり

黒カマス(ヤマトカマス)一日一魚さんの解説(ヤマトカマス)
去年も頂いたのですが、生のカマスを食べるよりも干物のほうがカマスは美味しくなりますね~。
小鯖(尾鷲名物炙りの鯖)小鯖
尾鷲名物・小鯖の炙りで使われている小さな鯖を開いてみりん干ししたもの。
これはとにかく手間がかかっています。
小さな鯖を丁寧に開いてありますが、気が遠くなるほど大変な手作業ですよね!
ショウワダイ(ナガオオメハタ(nagaoomehata)一日一魚さんの解説
ショウワダイ2
尾鷲でショウワダイと呼ばれているナガオオオメハタは白身の魚で、なんとも優しいふんわりした
味わいです。
一昨年、尾鷲の魚見学ツアーを企画して尾鷲港にお邪魔した時、新鮮なショウワダイを沢山頂き、
家に戻って自家製干物も作りましたが、とても美味しい魚です。
築地では見た記憶が無いように思います。

まずは、大好きなショウワダイから頂きました!


>>続きを読む・・・
三重県・尾鷲 | コメント(8) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »