FC2ブログ
魚食倶楽部3

魚食倶楽部7
第6回魚食倶楽部にご参加くださった皆様。
先日はご参加頂きありがとうございました。
当日はご協力ありがとうございました!!
さて、庖丁の研ぎ方&さばき方、如何でしたか?
頂いたアンケート、遅くなりましたが整理ができましたので、アップします。
魚食倶楽部としての新たな課題、そして改善等も見えてきました。
第7回魚食倶楽部はより改善をし、役立つ教室ができるよう
より一層努力いたしますので、これからもどうぞ宜しく御願いいたします。
魚食倶楽部5
アンケート結果は・・
>>続きを読む・・・
魚食倶楽部 | コメント(2) | トラックバック(0)
魚食倶楽部20110528-3
2011年5月28日第6回魚食倶楽部を無事?!終了しました!!
ご参加頂きました皆様、長時間で、立ちっぱなし、
いつも通り体力勝負の魚食倶楽部!
最後まで脱力者なくご参加頂き、本当にお疲れさまでした。
また、ご参加頂いているのにも関わらず、準備、授業中、さらにお片づけまで
沢山にご協力いただいた皆様、この場をかりてあらためて御礼申し上げます。
皆様のご協力無くしては、到底この魚食倶楽部は成立できないと思います。
さらに今回からしばらくの間、講習会費の一部を震災支援に使わせて頂く事、こちらもご協力頂きありがとうございます、
台風も絡んだすご~い時化にも関わらず、立派で沢山の鯛をご用意くださった築地の濱長の松ちゃんさん!感謝です!
60尾の鯛、壮観!!でした。
メスもオスもあったので良い勉強になりました。


見事に顔、違っていましたね~。

昨日は予告通り、庖丁の研ぎ方から始まり、しっかりと各自で庖丁研ぎの実習!
朝11時からほぼ4時まで休憩無しで5時間!
会場が無駄に広かったので、万歩計つけているのですが、なんと昨日は2万歩も
会場内を歩いていました。
研ぎ方はまず、上田勝彦先生からレクチャーから。
フンフン、できるぞ~って思っても
なかなか実際に研ぐのは難しかったけれど、
庖丁の事、いろいろ分りましたね。
研ぐ時にでる水を捨てない方が良いっていうのも勉強になりました。

自分で研いだ庖丁で、いざ、鯛を2尾ずつさばきました。
これもまた、上田先生がやっているのを見るとすご~く簡単そうなのですが、
またまた実際は大変!!
でも、やってみると、ちょっと自信!つきましたね。
ウロコのあまり飛ばない方法や、塩焼き用に内臓を綺麗に取り出す方法、
勉強になりました!
今回は塩焼き用の鯛の作り方と内臓を取って、普通に使うため用と
2種類の実習。
魚食倶楽部20110528-1
皆さんとっても真剣!!

鯛を実際にさばいて持ち帰り用に冷蔵庫にしまってから、鯛料理を実際に作ってみました。
「塩の上田」って呼ばれるくらい、ウエカツさんは塩使いが上手!
・鯛の塩煮
・鯛のマース煮
・鯛めし
・鯛の酢〆
・鯛の塩焼き!
を教えていただきました。
そして、トマト星人ってウエカツさんから呼ばれてるjasminですが、今回はオレンジ星人。
ウエカツさんの授業を妨げないようにこそこそって、鯛料理を作りました。

魚食倶楽部20110528-2
皆さんがウエカツさんの料理を習っている間に、後ろでばたばたって作りました。
耐熱皿にズッキーニの輪切りを敷き詰め、鯛のお腹にタイムを一杯入れて、塩!
レモンの輪切りとブラックオレンジの輪切り2種類の交互に並べて、
にんにく、そしてオリーブオイルをかけてオーブンに入れるだけ~。
じっくり料理を出来る時間はないので、あとは火がはいるまでほったらかし~。
鯛の尾っぽとオレンジが少しこげていますが、味は間違いなく大好きな味!に仕上がりました。
パン、欲しかったですね~。

ウエカツさんが作って下さった塩煮に、パクチーとごま油、そしてライムを入れてみましたが、
これが大正解!!美味しかったし、アジアンテースト満喫~。
フォーを入れたら、『鯛のフォー』できますね~。

鯛の頭を供出頂いて、鯛の頭の野菜たっぷりアジアン料理も一品。

途中で食べていただいたキィウィのクラフティは如何でしたか?
糖分が入ると元気がでますよね~(笑)

今回は今、皆さんが心配されている魚の汚染の事についても、
上田先生から、いろいろお話をお聞きすることができました。

要体力!料理教室・魚食倶楽部、第6回を終了して、
反省点もまた改善しなくてはならない点も沢山!発見。

次回、第7回は今回の反省・改善点を出来るだけ吸収し、
もっともっと魚食、そして魚料理が好きになって下さるような
魚食倶楽部になるよう、努力しますので、次回もまた
ご参加頂ければ幸いです!!


ありがとうございました!!

6月4日 みのりカフェコラボ チーズとコーヒー教室!
6月19日 ナポリピッツァ教室


を開講します。
こちらもご参加くださいませ。
魚食倶楽部 | コメント(6) | トラックバック(0)
魚食倶楽部2
asmin's kitchen主催

2011年5月28日、jasmin's kitchen主催
 上田勝彦さんに学ぶ!第6回魚食倶楽部を開催します!

3月11日におきた東日本大震災以降、
御存知のように漁業関係は港、船、そして養殖場など未曾有の被害を受け海産物は
大打撃を受けています。
そして、さらに追い打ちをかけるように原発による風評被害、
生の魚を嫌煙する傾向も続き、
残念ながら築地市場もまだまだ震災以前の活気が完全には戻ってきていません。

魚食倶楽部は、こんな時だからこそ、風評被害にも負けず、
『魚』を美味しく食べたい、食べてもらいたい、
漁業の復興に皆様のお力を借りたいという思いから、
上田さんと一緒に第6回魚食倶楽部を5月28日に開催を決定いたしました。

今回のテーマは
『旬の魚・チダイを使って徹底的に魚の卸し方と包丁の研ぎ方、使い方を学ぶ』です。

第5回に出席くださった皆様には、
会場の都合で時間が足りなく包丁の研ぎ方が不十分だったこともあり、
また魚をしっかりと捌く練習についても、
もっと丁寧に時間をかけて講習できたらという思いが上田さんも私もありました。

第6回はもう一度、しっかりと魚のさばき方を学ぶ!、
ということをテーマにじっくりと講習を行います。
魚食倶楽部3

また、今回の魚食倶楽部の受講料ですが、実費・経費・材料・経費・保険代を除いた全額を
東日本大震災に被害に遭われた被災地の漁業関係の方の支援に使わせていただきます。
魚食倶楽部では非常に微々たるものですが、
漁業関係者の方を継続的に支援を続けたいと考えています。

上田勝彦さんから、今回は魚の安全性についても、正しい情報をお話していただく予定です。

是非、ご参加、お待ちしております。
宜しく御願いいたします。

                    jasmin's kitchen &魚食倶楽部 
                     主宰 宮 内 祥 子
       
     
             記
第6回 魚食倶楽部
『旬の魚・チダイを使って徹底的に魚の卸し方と包丁の研ぎ方、使い方を学ぶ』
 チダイを使い、じっくりとひとりひとりしっかりとさばき方、そして研ぎ方を学びます。
鯛

日程 2011年5月28日(土曜日)
時間 午前10時30分受付開始
   午前11時スタート
   午後 3時終了

講師 上田勝彦先生 
   宮内祥子
会場 女性センター「ブーケ21」
   東京都中央区湊1-1-1

定 員 24名(先着順) すみません、満席になりました。キャンセル待ちは可能です。
会 費 7,000円
 (お申し込み頂きご参加確定後、
指定期日までにお振込頂き正式な申し込みとさせていただきます。)
申し込み締め切り 2011年5月15日まで

申込&お問い合わせ先
 メール jasmin@jasmin.co.jp

個人情報保護法についてはお問い合わせください。

魚食倶楽部 | コメント(0) | トラックバック(0)
魚食倶楽部様子
第5回魚食倶楽部が終って1週間。
当日に御願いしたアンケートの集計がやっと終りました。
アンケートにご協力いただき、ありがとうございました。

今後の魚食倶楽部の企画に生かしてまいりたいと思います。
アンケートの内容ももっと精査しないとだめかなぁ・・。
毎回本当に勉強になります。
本当にご参加くださった皆様、いろいろご意見ありがとうございます。

頂いたご意見
「内容が盛り沢山で消化不良」
 「個人的には、時間が足りない!」
 「包丁の研ぎ方をきちんと学びたかった」
 「HPで見た前回のような歓談や試食がありそうだと思っていたし、説明が不十分に思えた。」
 「1回目の参加者として、どんな会の構成かなど少しは説明をしてほしかった。」
 「助手のような役割の方の立場とか、不明で微妙でした。」
 「1卓に最低でも1人のデモンストレーターみたいな方がいてほしい」

御教室の時間は3時間を確保しているのですが、ついつい私も上田さんもこれも教えたいという
思いが出てしまって、盛りだくさんになってしまいます。

会費を頂いている限り、皆さんに満足していただける内容を
ご提供したいと思っています。

ただ、なかなか一人での切り盛りでは厳しい点もあるのですよね・・。
大きな組織が運営しているのではないので、この点もこれからの課題です。

今回、さばき方を教える協力をしてくださった皆さんは魚のお仲間の方々。
アシスタントしてくださった堀さん、受付を手伝ってくださったたいらぎさん、
お魚指導にまわってくださった、鮟鱇さん、まささん、コウスケさん
ありがとうございました。

また、ご飯炊き、後片付けにご協力くださったデブデブ食ッカーさん、雅代さん、にべさん、
GAKUさん、たいぼくさん、ななさん、RIKOさん、のれそれさん、こいわしさん、
UONOMEさん、ミニョンヌさん、皆様ご協力頂き、なんとか22時に会場を出る事ができました。

前回は、大井町まで軽トラックを借りて魚を運んだのですが、
今回は築地が会場だったこともあって、濱長さんに運んでいただけて
本当に助かりました。会場に運んでもらえるのって本当に楽!!
毎回、魚を会場に運ぶのも大きな課題なんですよね・・。
濱長の皆様、大大大感謝です。

他にもご協力いただいた多くの皆様、本当にありがとうございました。
あらためてこの場を借りてお礼を申し上げます。

上田先生がお忙しいこと、キッチンのある会場の確保は、なかなか日程的に難しいのですが、
魚食倶楽部のコンセプトの
・しっかり魚のさばき方を学ぶ、
・1魚種を徹底的に使い切る、
・少人数で丁寧に


第6回まで少しお時間を頂き、
次回以降の魚食倶楽部の企画内容・運営方法を見直し、
充実した魚食倶楽部を企画しようと思っています。

次回は、「チダイを一尾じっくり捌く」がいいかなぁと上田さん。
さて、どうなりますか、しばし御待ち下さいね。

また三重県・尾鷲漁港ツアーは実現に向けて調整をはじめました。
決まり次第御案内しますね。

今後とも魚食力アップのために皆様も魚、食べましょう!

jasmin's kitchen
jasmin
魚食倶楽部 | コメント(2) | トラックバック(0)
鯵料理5
第5回魚食倶楽部終了後、いつもどおり?!ちょっと脱力感と疲労感に襲われており、
なかなかブログアップ・ホームページの方も整理が遅れています(汗)。
上田先生をはじめ、多くの方の御協力を頂いておりますが、
基本はjasmin's kitchenのjasminひとりで企画・運営・準備・買い出し・交渉・後日のもろもろ?!を、
担当しているため、いつものごとく、
行き届かなかった点、多々あり、ご参加いただきました皆様には
忙しい教室になってしまった点は本当にごめんなさい。
次回はもっと良い充実した魚食倶楽部を企画したいと思っています。
これに懲りずにご参加いただければ幸いです。
さて、当日の様子は
つきじろうさんに動画と撮っていただいており、ブログでばっちりアップしていただいておりますので、
是非、是非、ご覧頂ければ幸いです。
つきじろうさん、お風邪で体調不良のところ、ご協力いただき、本当にありがとうございました!多々感謝!!
また、当日、『百楽』という雑誌の取材が
はいっていて、皆様にはちょっとご迷惑をおかけしてしまいましたが、5月号に魚食倶楽部の事が掲載されます。
どこかで見かけたら是非、立ち読みしてみてくださいね~。
さて、今回のテーマは『鯵』ではなく、一番は『包丁の使い方!!』
初心に戻って「包丁」をしっかり使えるようになろうという大きなテーマで、
その練習素材として「鯵」をチョイス。
実はこの鯵ちゃんが、冬場は旬ではないので、お値段も高い、そして時化もあって、
当日までどきどきものでした~。
今回、購入した鯵は島根県・浜田港に水揚げされた定置網の鯵60キロ!!
買いましたよ~、一杯!人生でもう二度と鯵、60キロなんて購入する機会は
ないかも・・・。時化で鯵のない築地でしたのに、
お世話になりました、濱長の福地様はじめ皆様。

尾辰さんではイトヒキアジ・・(これは結局見て頂くだけでむすしゃもさんに持って帰っていただいたので、お味の感想はむすしゃもさんから御願いします)
もうひとつ尾辰さんで購入したのはムロアジ
ムロアジ、美味しいのにどうしても足が早いこともあって、築地にはなかなかでず、くさやとか加工品に使われる事が多いのですよね~。めったに生で頂く機会がないのでこれも購入!
紀留水産さんで購入した鯵の中のブランド鯵?!大分の関あじ これはなんと1キロ2700円。高~い鯵でした。さらに淡路のアジ、徳島のアジなどを用意しました。
鯵料理5
『さて、関鯵のお味は・・・』

当日、習った事は!

>>続きを読む・・・
魚食倶楽部 | コメント(4) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »