fc2ブログ

災害ボランティア情報!

2011/03/15 Tue 14:30

今朝、築地に行ってきました。
北海道や九州、関西エリアからの魚が来ていました。
もっとなにもないかと思っていましたが、
地震の前に東北エリアを出たさかなも届いていました。
場内のお店も場外も全部ではありませんが営業しています。
ただし、明日、16日水曜日は休市です。
東京都は場内アナウンスで、
「築地場内には一般客は危険ですので、入場を自粛してください」って
放送していました。
どうしてなんでしょうね。
理解不能です。

さて、すでに沢山の義援金や支援の輪が広がっていますね。
でも、メールでくる中でも怪しい?大丈夫?と思われるものもあります。
惑わされず、確実に支援が届く先を見極めて、
少しでも出来る事から始めます。

災害ボランティア情報
もっと沢山あると思いますが、とりあえず分っているものをアップしました。

日本赤十字社(義援金、ボランティア)

全国社会福祉協議会(ボランティア)

宮城県災害ボランティアセンター

毎日新聞社の義援金受付

朝日新聞社と朝日新聞厚生文化事業団の義援金受付

スーパー・コンビニの援助物資

セブン&アイグループの義援金募集

Snow Peak: アウトドア物資(テントやシュラフ)の募集

Mont Bell: アウトドア義援隊(物資、援助金、ボランティア)
2011.3.11震災 | コメント(9) | トラックバック(0)
油粕うどん1
「かすと岩手山田のふのり入りうどん」
地震の直後から食欲がなかなか出ず、気持ちも内向きでした。
ニュースを見ていて、気持ちが落ちていました。

食料品が不足、電気、ガス、水道が使えない被災地の方には申し訳ないのですが、
気持ちを切り替えて、今日から、しっかりと食べて働きます。

そして、なにか役に立つ活動ができる日のために体調を調えます。

地震から二晩、余震も怖いし、珍しく眠れず、
ぼ~っとしていたのですが、
しょうさんがお声をかけてくださり、
元気の出るプレゼントを頂きました。

ブログで写真をアップしていた、
岩手でみかけて買わずとても後悔していた岩手山田では「メロウド」と呼ばれていたイカナゴ。
メロウウド
実は福岡では『親かなぎ』と呼ばれ、メロウドより小さい10センチほどの大きさで食べるのだそうで、
軽く干してある「親かなぎ」と、ずっと気になっていた大阪・河内地方のソウル・フード「カス」を頂きました!!
あぶらかす2あぶらかす4あぶらかす3
あぶらかすは、おうどんやお好み焼きに入れていただくのだそうですが、
ウシの小腸から出来ているものだそうです。
車麩にちょっと煮てるかなぁ・・。
好みの大きさに切って使うのだそうですが、思っていたよりもずっと切りやすく、
油っぽくなくてびっくりしました。

昆布と鰹でしっかりお出汁を取ります。
この香り、ほんとにほっとします。
関西風に薄口醤油でなるべく透明で透き通っている
うどんの汁を作りました。
岩手の山田湾で頂いた摘みたてのフノリ
ふのり
やまだ
しっかり干しておきました。
ふのり2
これもおうどんに入れました。
かすうどん3

3月5、6日、岩手で 沢山の地元の海産物を見て、食べてきたこと、本当に運命のように感じます。
フノリ、マツモ、牡蠣、ホヤ、昆布、わかめ、山田せんべい、メロウド、どんこの干物、かまだんご・・・。
とても良い経験をさせていただきました。
ありがとうございました。
復興し、再び頂ける日を待っています。
「フノリとかすいりうどん」、
食べたら体も心もあったかくなって元気が出てきました。
フノリ、噛み締めています。本当に美味しいです。
カスもイメージとは全然違ってじゅわっと旨味が広がります。

元気で頑張ります。









>>続きを読む・・・
2011.3.11震災 | コメント(6) | トラックバック(0)
今朝から計画停電が部分的に実施されるようです。

東京都内は多くの電車が止まっています。
フランスのle Monde
では、東京はパニックって書かれてスーパーの棚がからになっている写真が掲載
されていました。
LE MONDE
「LE MONDEから転載させていただいてます」

これから計画停電で冷蔵庫も当然、電源が切れます。
被災地の方は食料もなかなか十分に行き渡らず、大変なようです。
私が出来る事、
大切な食料を捨ててしまうことにならないように、
して慌ててスーパーに食料品を買いに行く前に、

お家の冷蔵庫の中身、備蓄している食材を整理
すること


東芝のホームページに対応が記載されています。参考になりますね。

停電になったとき
(庫内の冷気が逃げないように) できるだけ扉の開閉を少なくしてください。
(庫内温度を上昇させないように)できるだけ新たに食品を入れないようにしてください。

●停電予告があったとき
・温度調節を「強」にしてください。
・たくさん氷を作って貯えておいてください。
・蓄冷板や保冷材など、庫内温度を保つものを前もって冷凍しておくのもコツです。

そうそう、古新聞紙も保冷に役立ちます。

せっかくの食材・食料です。計画停電で予測がつくので、ありたいことにガスも使えます。
今日はお天気が良いので、冷凍庫に入っている魚や海藻類干物、ふりかけにしよう。
みんな、保存食に加工しちゃおう。

生もので賞味期限が近い物はお腹に入れます。

慌てて買い物に走らずとも、
まずは家にある食品できっと大丈夫!
もう一度、なにを準備しておかなければならないのか、ちゃんと確認します。
パニックにならないように、気をつけなくては。

2011.3.11震災 | コメント(5) | トラックバック(0)

今出来る事

2011/03/13 Sun 00:00

地震から40時間近くが経過しました。
災害状況報道を見ると胸が苦しくなります。

どうかどうか、一人でも多くの方が元気でいらっしゃることを祈ります。
避難されている方、体調を崩されないか心配です。

今、出来る事は
義援金・救援物資を送ること。
あと私で出来ることはないか、考えなくては・・。

大変な時、私自身が救急対象になって迷惑をかけないよう
健康管理・安全管理に充分気をつけなくてはと思います。
















2011.3.11震災 | コメント(0) | トラックバック(0)

東日本大震災 本当に怖い

2011/03/12 Sat 00:00

本当に大きな地震でした。
皆様、お怪我や被災被害、如何ですか?
帰宅難民になってしまわれた方々も、
少しずつ家路につかれている事を祈るばかりです。

大田区の教室はものすごく揺れました。
こんなに長い時間揺れた地震は生まれて初めてでした。
たまたま午後の教室がお休みの日だったこと、
買い出しには行った後でした。
教室で火を使っていなくて本当に良かった。

生徒さんもいらっしゃらなくて、本当に良かったです。
棚は耐震してあったので倒れませんでしたが、
壁に飾ってあったアルザスから持ち帰ったアンティークのケーキ型や、
グラス類、棚の上に仕舞っていた大きな食器が割れました。
でも、本当に御陰さまで怪我もなく、生きています。

余震も続き、東急も止まっていたので歩けない距離ではないのですが、
家に戻るのを諦めて教室に留まり、動かないで昨晩はひとりでいました。
テレビが教室にはないのでPCの動画でニュースを見ています。
ツィッターもとても心強かったです。
スカイプも強いラインでした。
頂いた安否確認のメールも心強かったです。
ありがとうございました。

みのりCAFEさんは帰宅難民の方のためにカフェを解放されたそうです。
鈴木さん、おつかれさまでした。

今一番心配なのは、1週間前、お邪魔した岩手の
釜石、山田、宮古、お世話になった方々です。
綺麗だった海が、
流される映像を見て、涙がでます。
岩手に住む友人ともまだ連絡が取れません。
皆さん、だいじょうぶでしょうか。
無事でいらっしゃる事を心から祈っています。

これから長い長い長い復興の時間が始まります。
私の出来ること事、お手伝い出来ること、継続的になにができるかを考えます。

漁業関係者を初め、被災に遭われた多くの皆様、心から御見舞い申し上げます。
そしてこれ以上、被害が拡大しないことを祈ります。

まだまだ余震・津波が継続しています。
お互いに十分に気をつけましょう。

御心配頂きありがとうございました。



2011.3.11震災 | コメント(2) | トラックバック(0)
« Prev | HOME |