fc2ブログ
黒豆のパスタ
先日煮ておいた黒豆。
トマトソースの中に加えてみました。
これが美味!!
元気がでますね~。
とってもおすすめです。
生海苔そば
デブデブ食ッカーさんから頂いた生海苔。
天ぷらが少し残っていたので、そのままの生のりも加えて生海苔いっぱいの蕎麦を作りました。
そうそう、しょうさんから頂いた南関あげもトッピング!
いろいろな方のおもいやりのこもったおそばが完成!
温かい気持ちになりました。ありがとうございました。
かすみがせき
東京・霞ヶ関の夕暮れです。
少しだけ暗いかなぁ..。
震災から2週間。
計画停電のエリアの方は大変だと思います。
でも、お店や電車、駅などの節電には馴れました。

無理をせず、私の身の丈にあった復興協力、長~く続けていきます。







jasmin's recipe | コメント(7) | トラックバック(0)
なまのり1
浦安市場「泉銀」さんの森田釣竿さんが震災ボランティアで浦安・三番瀬の生海苔を手摘みし100g100円で販売し、
売り上げを魚食倶楽部でお世話になっている水産庁の上田勝彦さんを窓口に、漁業関係者の支援に募金する活動を展開されています!!
この海苔を提供されているのは、千葉・行徳で海苔を生産されている福田海苔店の福田さんです。
福田さんの生海苔はとても美味しく、jasmin's kitchenでも以前購入させていただきましたが、
甘みがあり、口に含むとふわっととけて芳醇な味わいで大好きです。
今回の震災により報道はあまりされていないようですが、浦安も大きな被害がありました。
しかし、ボランティアの方々による手摘み作業によって、再び生海苔を摘み、
それを販売して義援金にあてるという素晴らしい活動です。

浦安・三番瀬の海苔は、生産者の少なさと収穫量の少なさから「幻」の海苔とも言われているそうです。
浦安の泉銀さんのブログを拝見すると生海苔の摘み取りボランティアの事や、海苔の購入方法も詳しく書かれていますので、ボランティアをしたい、生海苔を購入して支援をしたいと考えられる方、是非、宜しく御願いします。
美味しく、幸せになれてなおかつ、漁業関係者の方を支援できるという誰でも参加出来る地域密着型支援活動だと思います。
この摘み取りボランティアに、お友達のデブデブ食ッカーさんが参加されて、生海苔を分けて頂きました!
デブデブさん、ご馳走様でした。
素晴らしく美味しい生海苔でした。
定番の天ぷらにしましたが、新鮮だからこそエメラルドグリーンの美しい色、香り、そしモチッとした食感!
本当に美味しいです。モチッとした食感は新しくないと出ないように思います。
この美味しさは、是非是非、皆さんに味わってもらいたいなぁ~。
なまのり2
パンの上に乗せて頂いても美味しい!!
なまのり3
こういう豊かな食材を絶やさないためにも、少しでも応援できたらいいなぁ~と思います。
生海苔、貴方も食べてみませんか?
浦安市場の泉銀さんは浦安駅から徒歩2分圏内!
是非、この機会に浦安市場にもお出かけくださいね。
今回海苔の天ぷらを乗せてみたお皿は、もちろん今作陶展中の武内立爾さんの作品です。
吾須のお皿がとっても気に入ったので、もう一枚色違いを購入してきました。
なまのり4
このお皿、新緑を思わせるグリーンが爽やかで素敵。
武内さん
武内立爾さんも作品同様、素敵な方です。
今回の作品で惹かれているのは・・


>>続きを読む・・・
市 場 | コメント(6) | トラックバック(0)
鯵昆布〆1
武内立爾さんの作陶展に行ってきました。
今回も斬新な作品があり、欲しい作品がいろいろあります。
まずは、小さなものですが、呉須の小皿を購入しました。
落ち着いた色でとても気に入りました。
呉須の大皿も実は気になっています。
大きな角皿も思案中・・。
それにしてもこの呉須皿、とても使い勝手が良いです。
鯵の昆布〆2
鯵の昆布〆も豚バラ肉の煮物も生えますね。
ごす皿
鯵の昆布〆は、庄助さんに教えていただいたように三枚におろした鯵に少しきつめの塩をして1時間おき、
そのあと、米酢で洗い、昆布で5時間〆ました。
これが美味しい!!
酢洗い、いいですね~。とても美味しくなりました。
武内
武内立爾1
タジン鍋も絶好調。
武内立爾作陶展、御本人も会期中は基本的に会場にいらっしゃるのでお近くにいらっしゃったら是非、
御立ち寄りくださいませ。
大きな呉須の丸皿とモダンな大きな角皿、どちらも欲しいけど・・。
思案中。


アート | コメント(8) | トラックバック(0)

岩手産雁喰豆

2011/03/22 Tue 00:00

雁喰豆パスタ

築地市場は魚だけしか扱ってないって思っている方、結構多いのでは?
築地には野菜を専門に扱っている『やっちゃば』があります。
日本各地、そして世界の珍しい野菜や最近では江戸野菜も販売されています。

場外のお店も充実していて野菜、調味料、包装資材など様々な食の専門店が軒を連ねています。
市場の帰りに最近、必ずおじゃましちゃうお店が喫茶「ぎんぱ」さん。
土曜日は、ここで時々お目にかかっていた豆の専門店の
三栄商会さんに
お邪魔して、岩手産の雁喰豆を購入しました。
三栄商会
三栄さんは豆やお米などどれも産地にこだわった品揃えで、
量り売りしてもらえるのが嬉しいお店です。
お米もお父様が旅先で頂いてあまりにも美味しくて取引を始めたとか。
なかなか手に入りにくい豆もあって楽しいです!

さて、黒豆というと京都の丹波の黒豆が有名ですが、
実は江戸好みは雁喰豆だったようです。
雁喰い豆
雁喰豆は黒豆の一種で品種名=南部黒平。
豆自体とても甘みがあり、形状は平らで豆の表面にシワがあるのが特徴です。
ちょっとコーヒー豆にも似てますよね。
名前の由来は、表面のシワが鳥の雁(がん)の爪あととも啄ばんだ跡とも見えるからだとか。
昔から長野県佐久市望月地域の一部でも自家用生産されているようです。

年越しや正月などの祝い事に食べられたり、
「座禅豆」という名で縁起物として高級料亭で使われることもあるようです。

さて、雁喰豆、少し固めに茹でて食感を楽しむのが良いと三栄さんに教えていただきました。
日本式だと甘く煮ると良いのかもしれませんが、
ローズマリー、イタリアンパセリ、ローリエ、にんにくを入れて茹でました。

黒豆の茹で汁はダイエットに効果があるとかないとか(笑)
お砂糖を入れなくてもなかなか美味しいしです。

茹で上がった雁喰豆、エシャロット、それに先日作っておいた塩『スマ(ヒラソウダ)』、
エリンギをオリーブオイルで炒めて、最後にクリームチーズ、塩、胡椒で味を調えて、
ペンネと合わせて、雁喰豆と塩スマ入りペンネを作りました!。

見た目は地味ですが、栄養のバランスも良く優しい豆の味に癒されます。
そうそう、雁喰豆のお味ですが、食感は普通の黒豆よりもややもっちり系。
甘みも強いのですが、丹波の黒豆とはまた方向性が違う甘さですね。
スープにも、ピュレにもしても美味しいかも。
またいろいろ作ってみようと思います。

次回は、ちゃんと錆びた釘を入れて、色が綺麗に漆黒に上がるようにしなくちゃ。


岩手 | コメント(8) | トラックバック(0)
コシオリ
築地・大音さんでオオコシオリエビを購入しました。
海老は鮮度落ちが早いのに、この日は仕事の都合で結構長い時間持ち歩いてしまった。
そのため、残念ながらかなり鮮度落ちしてしまいました。
少しにおいがキツいかなぁ・・。

オオコシオリエビは、昨年の春、沼津で購入して以来。
ただ、図鑑をみるとこれどうもオオコシオリエビではなくてクボチュウコリオリエビ?
って疑問が・・・。
手の部分がオオコシさんとちがうように見えるのですが、さて、どうなんだろう。
こしおり
こしおり2

シンプルにオリーブオイルをかけてオーブンで焼いていただきました。

この身、甘い!本当に美味しい。
ウチワエビ同様、食感が普通のエビと少し違います。
伊勢エビっぽい感じです。
頭の方はスープに入れました。

大きさの割りに食べるところが少ないのと
頭や長い手の部分、なかなか身を取り出すのが手間ですが、
美味しく頂きます。
でも、本当にどっちなんだろう・・。
誰か教えて!!
コシオレ1
コシオレ2
コシオレ3
コシオレ4コシオレ5



築地市場 | コメント(8) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »