fc2ブログ
ハゼの天ぷら

ハゼ5
1年ぶりにハゼ釣りをしてきました!
台風の影響がいまだに残っていてまだまだ川が濁っているのにはびっくり。
それと、今年は水温が下がらないため、なかなかハゼ釣りが難しいと船宿のご主人。
う~ん、ここ数年、1年に3回ほどハゼ釣りをしてきましたが、今年が一番釣れませんでした(トホホ)。
はぜ
少しですが、型の良いハゼです!
はぜ3
松葉つくりにおろして、天ぷらで頂きました!
小さいけれど、甘くてジューシー、とても美味しいハゼでした!!
今回はお教室の生徒さんにさばいてもらいましたが、小さいハゼでちょっと大変でしたね~。
次回はもっと大きなハゼを釣ってきますね!
江戸前 | コメント(6) | トラックバック(0)
石川子芋3
数ある芋類の中でも大好きな「石川小芋」を頂きました!
サンマ同様、これを食べると今年も秋がきたんだなぁ~と、
しみじみ感じさせてくれる野菜のひとつです。

ただし、お値段がマツタケ並にお高いのが難点。
高級料亭で「衣かつぎ」という名前で提供される
高級お芋様なんですよね~。
石川小芋2
食べ方は超シンプル!
皮つきのまま茹でるか蒸して、芋の皮の一部に切れ目を入れて、皮を軽くつまむと中のお芋がつるんと出てくるので、それを食べるのが美味しい食べ方。
お塩やゴマ、ワサビ醤油、柚子味噌やきなこなどつけても美味~!

今日は、朝ご飯でいただいたので、
自家製からすみ、わさび、すりごま、吉野川の青のりとさっぱり系で頂きました!
これって、日本酒のつまみには最高なんですよね!!

石川小芋の特徴は軟らかくて、ねばりともちっとした食感。
なんともいえない美味しさなんですよね~。
石川小芋
もともとは大阪の羽曳野(はびきの)近辺の石川村で栽培されていたのだそうですが、
直径3cmと小型で ヌメリが多く美味しいサトイモとして人気が出て、
今では広く全国各地で栽培されています。
子芋も美味しいけど、孫芋っていうのがもっと美味しいらしいので、
食べてみたいなぁって思います。

食材が豊富な秋は毎日が幸せです!
自然の恵にあらためて感謝です。

野菜 | コメント(6) | トラックバック(0)
くじら

Jasmin's kitchen &魚食倶楽部は、2011年10月から新しい教室をスタートします。

秋冷の候、お元気でお過ごしのことと存じます。
魚食倶楽部にいつもご参加ありがとうございます!
魚食倶楽部は上田勝彦先生から一魚種を徹底的につかいきる、
そして自分で魚を一尾まるごと使って料理するこを
コンセプトで、2011年9月でようやく7回目。8魚種を習いました。
魚食倶楽部は今後も一魚種徹底的使い切り講座を上田先生と一緒に続けて参ります。

さて、今回、2011年10月から、別途に魚食倶楽部「海のこと教室」をスタートすることにしました。
基本は月1回開催予定です。
日本の海の育む魚貝類・海藻・そしてそれらを使った干物など、
海の中で育まれている様々な水産物のことをプロの方にお話をお聞かせ頂きながら、
毎回、テーマの素材を使った料理を皆さんに作っていただく、または、試食していただこうと考えています。

初回は、財団法人 日本鯨類研究所 調査部 調査部長日本鯨類研究所の西脇茂利先生に、
「クジラ」のお話を伺いながら、jasmin’s kitchen宮内とコラボでクジラ料理を試食していただきます。

今回は、西脇先生のご希望もあり、学校給食で出た最後のクジラ料理クジラのオーロラソースをツチクジラ(ハクジラ)、ニタリクジラ(ヒゲクジラ)で食べ比べをしていただき、
さらにクジラのきんぴら、他クジラ料理をいくつかニタリクジラ、ツチクジラ、
ミンククジラなどのいろいろなクジラで、現在手に入る部位を使っ料理を何種類か試食していただく予定です。
jasmin's kitchenオリジナル・クジラ料理も予定しております。
是非ご参加いただければ幸いです。

なお、お申し込みと詳細をご希望の方はメッセージをいただければ幸いです。
別途、詳細お送りします!
                記
日  時 2011年10月15日土曜日 
    18時20分受付開始 18時30分スタート21時終了予定
講  師 西脇茂利先生 (財団法人 日本鯨類研究所 調査部 調査部長)
料理講師 宮内祥子   (jasmin’s kitchen主宰)
会  場 中央区社会教育会館 月島
住  所 104-0052 東京都中央区月島4丁目1番1号 (月島区民センター4階、5階)
会  費 4,000円(材料費・雑費・会場費・イベント保険代込み)
定  員 20名(アルコールは会場が区の施設ですので厳禁です)

会場の都合で会費は、事前お振込を御願いしています。

申し込み締切り日 10月13日まで 
お問い合わせ、お申し込み先は jasmin@jasmin.co.jpまでどうぞ
海の事、魚のこと、普段疑問に思っていたこと、知りたいと思われた事、
是非、この機会に事前に御質問いただければ西脇先生から当日お話を伺えるようにいたします。
ご参加お待ちしております。

jasmin's kitchen &魚食倶楽部 主宰 宮内祥子 
魚食倶楽部 | コメント(0) | トラックバック(1)

美味しいお茶の時間!

2011/10/02 Sun 00:00

四万十の栗2
秋だなぁ~って感じる食材、サンマ、鮭、生からすみ、あけびの実、栗、サツマイモ・・。
涼しくなって、料理を作るのが楽しい季節になりました。
それに、収穫する楽しみもあるのがこの時期!
友人が連れていってくださった栗拾いもすっごく楽しかったです。また行きたいなぁ。
栗拾い3

栗拾い2

栗拾い1

栗拾いしてきた栗は、時間がなかったので、茹でて現在冷凍中。
渋皮煮、栗ジャム、栗きんとん作りがこの時期、恒例なので、
栗の調理って、皮を剥くのに手間がかかるので、じっくり時間がとれないと
なかなか取りかかれないので、週明けから作ろうと思います。

今日は高知県の
四万十ドラマさん製、
四万十の栗で作ってある美味しい「栗きんとん」を東京の高知県のアンテナショップで購入してきました!
今年は台風の影響やら、天候不順で栗の生産が少なかったそうです。
四万十ドラマの社長の畔地さん
自ら店頭に経って、栗きんとんを販売されていました!
畔地さんとお会いするのもすっごく久しぶり!
とてもお元気そう。
今回は限定300個だそうで、もうあっという間に完売したようです。
1個25g250円とちょっとお高いけど、本当に美味しいのですよね~。
地元のお母さんたちが丁寧に手作りされている素朴なのに、洗練されています。
お供にしたのはこのところお気に入りの丸山海苔店さんの「青ほうじ 飛騨のほまれ
青ほうじ茶
普通のほうじ茶とも緑茶とも違って、浅い煎りのほうじ茶なので、
とてもさっぱりとしています。

お茶碗と湯さましにつかっている器は沖縄の読谷でてぬひら工房の山田和夫さんの作品。
栗きんとんを乗せているお皿は、実はティカップのソーサー。
今のTOTOがまだ東洋陶器という名前で食器を作っていた頃のもの。
これは昔っから家にあったもののひとつなのですが、形、デザイン、
今みてもおしゃれでお気に入りのもの。
四万十の栗
kusabueという名前がついています。

美味しいお茶とお菓子、そして大好きな器で久しぶりにのんびりと出来たお茶の時間でした。


残したい日本の食材 | コメント(2) | トラックバック(0)
からすみとドラゴンの芽パスタ

10月に突入してしまいました。
今年は、いつもよりもさらに月日の経過を早く感じています。
築地市場の中もアンコウ、生からすみ、鮭の白子、そして鱈の白子に生筋子が並びはじめ、
確実に季節が秋に変わっています。
やっちゃばにも天然の茸や、あけび、松茸がならんで、こちらも秋まっさかり!

私は、この時期、特に生からすみが並び始めると、値段とからすみの状態が気になります。
からすみ、大好きなので、今年は5キロくらい作れたらいいなぁ・・。
産地にもよりますが値段はキロ5000円くらいから2万5千円くらいまでも
まだまだ高いですね~。

もうしばらく、値段とにらめっこです。
さて、土曜日、珍しい野菜を見つけました。
ドラゴンフルーツの芽です!
ドラゴンの芽1

ドラゴンの芽2

ドラゴンの芽3

初めてのドラゴンフルーツの芽!
さっそく生で食べてみました。
食感はしょきしょき、ヌメリがあって、ちょうど春先の天然ウドのような少しほろ苦さもあって、
なかなか美味しい!
天ぷらにも向いているそうですが、今回は薄切りにしたものと、そのまま半分を
オリーブオイルとにんにくで炒めて、からすみのパスタに加えてみました!
これ、美味しいです!。
昨年作ったぼらのからすみもいい具合に味が馴染んできていて良い感じです。

少しヌメリがあるドラゴンフルーツとカラスミ、思っていた以上に良く合いました!

10月最初の魚料理、からすみとドラゴンフルーツのパスタ!
大満足!

jasmin's recipe・魚貝/川魚料理 | コメント(4) | トラックバック(0)
« Prev | HOME |