スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
ジンガサガイ2

鹿児島県の黒島で山村留学生の里親をしながら、漁もされる山下若三さんから
バスクバルを1日だけ開くことをお伝えしたら、カメノテと一緒に地元では
ジンガサと呼ばれている貝と謎の貝を送ってきてくださいました。

山下さんとは山下さんのところにお嬢さんを山村留学に出されている
京都に住む祐子さんがカメノテ繋がりでご縁を作ってくださいました。

少し残しておいた貝をあらためてゆっくり料理を作ってみました。
そして、よ~く貝をみると、どうもいくつか種類が混ざっているようなんです・・。

ジンガサガイ3
上の写真の貝は、どうも『軟体動物門カサガイ目ヨメガサガイ科マツバガイ』?!
ジンガサガイ4
そして、この貝は『軟体動物門腹足綱前鰓亜綱(始祖腹足類)カサガイ目ヨメガカサガイ科ベッコウガサ』?!
貝を貝殻からはずしてみると、内側が綺麗な鼈甲色。なので、たぶんそうだと思うのですが・・。

ジンガサ貝は海の浪打際の岩陰とかテトラの陰についていることが多く、痩せているものも
多いのだそうですが、今回黒島から送っていただいたのはものすごく身が大きかったです。
ジンガサ貝は海藻が餌なのだそうで、夏よりも秋以降が身が大きく美味しくなるそうです。


ジンガサガイ1
身は焼く前はこんな感じでとても綺麗なオレンジ色!でした。
ジンガサガイ9
今回は、とにかくシンプルに塩、胡椒、小麦粉をつけて、バターで焼きました!
ジンガサは火が入りやすく、ぽろっと身離れが良いです。
ジンガサガイ6
少し固めの身質でこりこりした食感です。
味は、トコブシと鮑の中間って感じ。
噛み締めると少し苦味があるのですが、磯の味わいが濃く濃厚。
磯の風味を堪能できる味です。


生でも、焼いても煮ても美味しいと聞いているので、
楽しみです!

遠く黒島から送ってくださった山下さん、ありがとうございました!

そうそう、山下さんはカメノテ、このジンガサ貝や黒島で釣れる魚を
お願いすると販売もしてくださるので、
食べてみたい方はjasmin's kitchen 宛、
御連絡いただければご紹介します!

関連記事
鹿児島県黒島 | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
マツバガイ
三浦半島の某磯で磯遊びをした時にマツバガイを採取して食べた経験から、2枚目の貝はマツバガイとは別種ですね。

柚子の木も引越しが済みました。
Re: マツバガイ
海老さん、
神奈川でも東京でもカサガイが獲れるみたいですね~。
微妙に今回、サイズも柄も内側も違うので、種類、混ざっているようです。

> 三浦半島の某磯で磯遊びをした時にマツバガイを採取して食べた経験から、2枚目の貝はマツバガイとは別種ですね。
>
> 柚子の木も引越しが済みました。
@柚子も海老さんも御引っ越し終了ですか?
 お疲れさまでした。
掲示板で邪魔してしまいました。
確かに混ざっているようですね。。
せっかく掲示板に投稿したのに、
私が邪魔してしまいましたね。すみません。
Re: 掲示板で邪魔してしまいました。
あらいさん、
おはようございま~す。
全然、邪魔になってなってないです~。
よくよく見ると、掲示板にも書いたのですが、3種類くらい違うようなんです。
貝、難しいですね~~。
そうそう、先日、見せていただいた『口伝・魚の目きき』伊藤勝太郎さんの本ですが、
私のは『口伝・魚の目きき 上物』というタイトルで1988年刊で、最初が写真、後半がイラストでした。
魚の種類も29種。
あらいさんのお持ちの本とはかなりルックスが違っていました。
でも、面白いですね~。
> 確かに混ざっているようですね。。
> せっかく掲示板に投稿したのに、
> 私が邪魔してしまいましたね。すみません。

@いえいえ、アライさんが書き込んでくださったので、ぼうずさん回答してくれた感じです。

No title
シンガサガイ、取り寄せできるんですね。
う~ん、もう一度食べたいな。ま、値段しだいですが…。
Re: No title
むすしゃもさん、
ジンガサガイの他、珍しい貝も送ってもらえますよ~。
貝類なら冷凍して送ってもらえるので、
人数が集まったら、送料もみんなで割れば大丈夫です。

とりあえず、手元にほんとうに少しですが、
残っているので、お裾分けします!
No title
貝面白い

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。