スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
アントルコート
『Entrecote のステーキ』

時々、無性に『肉』が食べたくなります。
生肉を使ったステーキタルタルは風邪を引き始めて元気がない時の定番。
そして骨付きのEntrecoteアントルコートは頑張るぞ~って時。
たまには肉食系にならないとパワーが出ないときもあります。

今日は、黒粒胡椒たっぷりしたパリのビストロっぽい感じで焼きました。
ちょっとリッチにマスタードソースもつけました。
付け合わせは定番中の定番のじゃがいも。

ちょっと贅沢をして、2センチ厚のお肉です。

前菜は常備している鶏の砂肝のコンフィ。
これは保存食に、欠かしたことがない大好きな惣菜です。
さて、ステーキは・・。
今更レシピなんていうほどのものではありませんが・・。
jasmin's kitchen レシピ
二人分
アントルコート 2センチ厚2枚 1枚180gあると嬉しいかなぁ~
ひまわりの油  大匙2
コニャック   大匙3
粒マスタード  大匙3
生クリーム   100ml
塩、胡椒    適量


1 黒粒胡椒を大さじで2、3杯、すり鉢に入れ、すりこぎの先で叩くようにして粗くつぶす。
  すりばちがなかったら、紙袋に胡椒をいれてビール瓶とかワインの瓶とか肉たたきで叩いてつぶす。
2 1の胡椒を肉の両面に押しつけるようにしてまぶして、塩をしっかりふる。
3 フライパンに油を大さじ1杯ほど入れ、強火にかける。
  熱くなったら肉を置き、きれいな焼き色が付いたら、ひっくり返す。
  焼き加減はお好み。
  美味しい肉だったら、レアsaignantがおすすめ。
4 フライパンから肉を取り出して、網の上に置いて、
  熱が逃げにくいようにアルミホイルを包まずにかけておく。
  そうすると肉にじんわり火が通って美味しくなります。
5 フライパンの余分な油を捨てたら、コニャックを大さじ3杯を加え、
  木べらでフライパンについている肉のうまみのこげをこそげて良く混ぜる。
  火を弱火にし、生クリームと粒マスタードを加えて、混ぜ合わせる。
6 全体がとろりとしてきたら、味ととのえる。
  ソースはかけても良いし、ソースポットに入れて、好みの分量をかけても良いです。
  カロリーが気になる人は、かけないのも有り!
7 付け合わせのじゃがいもは角切りにして、さっと茹でてから、バターあるいは油で、
  転がすような感じでソテーするだけ。

前菜は砂肝のコンフィとサラダ。
砂肝のサラダ

こんなシンプルなサラダもたまには美味しい。
さ、午後から元気に働こう。
関連記事
フランス・肉 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
若いなあv-91

僕は時々無性にケンタッキーフライドチキンが食べたくなる事がありますが、牛肉は無いですね。歳ですね(哀)

12月の土曜会参加予定です。jasminさんも参加されますよね?
Re: No title
えのきがまさん、
今晩は!
若いですかね~~。
たまには肉食系女子になろうかなぁ・・なんてね。


> 僕は時々無性にケンタッキーフライドチキンが食べたくなる事がありますが、牛肉は無いですね。歳ですね(哀)
@ケンタッキーフライドチキンは残念ながら食指が動かずです。
 でも、私の好きな牛肉は日本のさしの入っている肉ではなくて、骨付きでしっかり運動しているお肉が好き!
>
> 12月の土曜会参加予定です。jasminさんも参加されますよね?
@やったー~。ということは、前日から?
 メールしま~す。
「肉」に反応して…
実は先日、鹿肉を入手したんです!
エゾ鹿のバラ肉(チルド)なんですが、かなり上質でした。。

jasminさんなら、どう調理するのかなぁ~と思いました。

私は取り合えず、
スライスして塩・胡椒で単純にソテーして味を確認して、
他には、
トンカツならぬ「鹿カツ」、それと唐揚げにもしてみました。
噛み噛みするとジワッと味がしてきて美味しかったです(私は柔らかい肉より噛み噛みする肉が好きなんです…笑)。

それと今、塊を塩しながらアイスピックでプスプスしてから、
コーンタン用漬け汁に漬けてます。
明日で5日目でしょうか。。
明日、ローストするか、茹でるかしてみようと思ってますけど。。
美味しかったら「コーンディア」と名付けたいです。。

えのきがまさん、
私も、ケンタッキーフライドチキンには動かずです(笑)
No title
ワタシも年に一度のケンタッキーです。
牛肉は年に1-2度A5ランクを鉄板で。
蝦夷鹿は2月初旬に一度。
熊は忘年会で一度(今年は撃ったかな??)

あとは無効のダイエット生活です。
マツコデラックスと同じでデブの貧血なんですよ。

レバーとひじき煮てもらって食べてます。
Re: 「肉」に反応して…
あらいさん、
鹿肉GETされたのですね~~!!いいなぁ~いいなぁ~。
大好きです、鹿肉!
美味しいですよね。
食べたいなぁ・・。
今、一杯鹿肉、山羊も熊も余っているのに、市場では高すぎです。
鯨もそう。
> 実は先日、鹿肉を入手したんです!
> エゾ鹿のバラ肉(チルド)なんですが、かなり上質でした。。
>
> jasminさんなら、どう調理するのかなぁ~と思いました。
@鹿肉は赤いフルーツ、フランボワーズや赤すぐり、こけもものジャムやブルーベリージャムなどの果物やジャムとても良くあいます。
もちろん、煮込みでもばっちり。蕪ともあいますよ!
塊で塩・胡椒してローストビーフのように焼いてから、スライスして果物のソースとあわせたらばっちり。
鹿肉は脂肪分が少ないので、塊で焼いたほうが美味しいかなぁと思います。
あとじゃがいものクリーム煮ともあいますね~。
う~ん、食べたくなってきました。
いちろうさん、鹿、獲ってきてくださらないかしら・・。

> 私は取り合えず、
> スライスして塩・胡椒で単純にソテーして味を確認して、
> 他には、
> トンカツならぬ「鹿カツ」、それと唐揚げにもしてみました。
> 噛み噛みするとジワッと味がしてきて美味しかったです(私は柔らかい肉より噛み噛みする肉が好きなんです…笑)。
@鹿カツ、いいですね!!トマトソースとかあいそう。
 私も柔らかい肉より、運動しているピレネ牛のようなしっかりとした赤身の肉が大好きです。
 神戸ビーフや日本の銘柄牛のようにさしの入っている肉はどうも脂肪分が多すぎて・・。

> それと今、塊を塩しながらアイスピックでプスプスしてから、
> コーンタン用漬け汁に漬けてます。
> 明日で5日目でしょうか。。
> 明日、ローストするか、茹でるかしてみようと思ってますけど。。
> 美味しかったら「コーンディア」と名付けたいです。。
@間違いなく、美味しいですよ!ローストが美味しいように思います。
 
>
> えのきがまさん、
> 私も、ケンタッキーフライドチキンには動かずです(笑)
@ケンタッキーを食べたくなるえのきがまさんは充分「若い!」ですよね~(笑)

熊肉は美味しいですよね~~~。
B級歯科医様、
今晩は!

> ワタシも年に一度のケンタッキーです。
@そうなのですね~。若い!
 
> 牛肉は年に1-2度A5ランクを鉄板で。
> 蝦夷鹿は2月初旬に一度。
@やはり冬はジビエですよね~。 
 日本はもっと、鹿肉食べたほうがいいって、そういえば、
 C.W ニコルさんが『鹿肉食のすすめ 日本人は鹿肉で救われる』という本を書いています。
 これ、レシピも出ていて面白い本です。

> 熊は忘年会で一度(今年は撃ったかな??)
@え、肝はどうされたのですか?私が食べたことのあるのは足だけでしたが、
 良く煮込むととても美味しい肉でした。

> あとは無効のダイエット生活です。
> マツコデラックスと同じでデブの貧血なんですよ。
@ダイエットってほんとう、一生ですよね~。
 休んだらあっという間にリバウンドしてしまうし。
 あ~、怖い!
> レバーとひじき煮てもらって食べてます。
@貧血には鹿肉も鴨も良いと思います!
No title
釣り仲間でハンティングするのが2人おりまして、1人は十勝在住で蝦夷鹿に弾が当たれば送ってくれるんですが、雪が深くならないとソリで持ち帰ることが出来ないようです。
もうひとりは群馬県奥利根のマタギみたいな人ですが、去年は弾が当たらなかったようです。

肝とか胆嚢はどうするのか解りません。

熊鍋を食べて水上温泉に入って帰る忘年会です。
脂はハンドクリームで使っていますが、ワタシ的には無臭なんだけど、飼い猫が異様な反応をします。
生物多様性が大事かも。
B級歯科医様
おはようございます!

釣りに狩猟にと両方をこなされるご友人を持たれるなんて、
羨ましいです。

ロッククライミングを習っていた頃、
その先生が釣りが上手で、海岸や
渓流の近くの岩を登っている時に、
獲物を見つけて、岩をおりてはもぐって魚を獲っていらして、
すごく羨ましかったのですが、とうとう、どちらも未熟なままで・・。


> 釣り仲間でハンティングするのが2人おりまして、
1人は十勝在住で蝦夷鹿に弾が当たれば送ってくれるんですが、
雪が深くならないとソリで持ち帰ることが出来ないようです。
> もうひとりは群馬県奥利根のマタギみたいな人ですが、
去年は弾が当たらなかったようです。

@今年は当たらないでしょうか?
 なんだか、とっても蝦夷鹿の煮込みが作りたくなりました。
鹿の内臓はどうだったんだろう。
学校のジビエの本をよく見てみます。
> 肝とか胆嚢はどうするのか解りません。
@またぎの方に伺ってみるのが、一番ですね。

> 熊鍋を食べて水上温泉に入って帰る忘年会です。
> 脂はハンドクリームで使っていますが、ワタシ的には無臭なんだけど、飼い猫が異様な反応をします。

@熊肉は、イメージよりずっと臭みがないですよね。
 都内でも一冬の間だけだしてくれる店がありますが、残念なことに味噌味だけ。
 もっといろいろな料理に使えるのに。
 熊のハンドクリーム、馬よりも効きそうですね!!

 そうだ、たぬきは美味しくないけど、脂は高知では怪我の薬として超高級品で売っていたように思います。

 魚は大好きですが、季節のせいなのか、血の濃い肉類を体が欲するようです。
 こじゃれたフレンチの高級ジビエ料理でなくて、
 暖炉で焼く骨太のジビエがが食べたいです。
 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。