スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
                cwニコル

肉食系の話題から、鹿肉、熊肉の話が出てきたので、お気に入り本を紹介します。

一時、テレビに良く出ていらっしゃったC.Wニコルさんの著書
『鹿肉食のすすめ 日本人は鹿肉で救われる』。

この本は実に面白い。
ここ数年、鹿の繁殖は各地で大きな問題になっていることは新聞やテレビでも
話題になっているので、御存知だと思います。

しかし、増え続ける鹿を前に、なかなか得策がないらしい。
鹿肉って、栄養的にも脂肪分が少なく、体にも良く美味しいのに、
日本ではどうも人気がない。
見た目の可愛らしさからなのかしら・・。
ヨーロッパでは今頃の時期から冬の間、鹿肉の料理はジビエとして人気がある。
鹿のパイ包みとか、シチュー、サラミ、ソーセージなど、いろいろな料理で
食べられています。

でも、日本は奈良公園の鹿のイメージのせいか、神様のお遣い?!
そんな日本での鹿というものをこの本のなかでは
日本人と鹿、分布、生態、そして、鹿の解体方法からレシピまで紹介されている
珍しい本です。

鹿肉、興味のある方には読んで欲しい一冊です。
そうだ、鯨もこんな本があったらいいのに・・。
関連記事
おすすめの本・CD | コメント(9) | トラックバック(0)
コメント
知床で見ました
この本、このあいだ網走に行った際に、
知床まで車で行ってきたのですが、
知床自然センターにおいてありました。
パラパラっとめくったぐらいでしたが、面白そうだな…と思いました。

「鹿肉バーガー」というのも売ってました。
鹿肉バーガーは知床の道の駅にもありました。
でも、お値段が高かったので食べませんでした。
それに、その時は既に鹿肉入手の予定がありましたので。。

でも、鹿肉がヘルシーなのだということや、
推奨している人がいることも、その時に知りました。
野生動物だし、食べていいのかなぁ~などとの思いもちょっぴりよぎったので、なんか安心できたような気もしました。
Re: 知床で見ました
あらいさん、
おはようございます。
今頃、さいたまの市場にいらっしゃるのでしょうか。

> この本、このあいだ網走に行った際に、
> 知床まで車で行ってきたのですが、
> 知床自然センターにおいてありました。
> パラパラっとめくったぐらいでしたが、面白そうだな…と思いました。
@御存知だったのですね。
 小さな本ですが、よくまとまっていて面白い本です。
 2年前に購入しました。

> 「鹿肉バーガー」というのも売ってました。
> 鹿肉バーガーは知床の道の駅にもありました。
> でも、お値段が高かったので食べませんでした。
> それに、その時は既に鹿肉入手の予定がありましたので。。
@鹿肉バーガーに違いものは、フランスのレストランのメニュにあります。
 鹿肉というのを特別な肉とは考えず、赤身の多い肉と思って遣えば、
 普通にいろいろ食べられます。子羊よりも臭みがないと思います。
 そうだ、鹿肉のホルモンってどうなんだろう・・。


> でも、鹿肉がヘルシーなのだということや、
> 推奨している人がいることも、その時に知りました。
> 野生動物だし、食べていいのかなぁ~などとの思いもちょっぴりよぎったので、なんか安心できたような気もしました。

@自然界のバランスをとるためにも、今は鹿を食べるとよいようです。
 八丈島の山羊もなんとしないと、草や木がなくなってしまうそうです。
 
 
No title
面白そうな本ですね。

ワタシは鹿、熊、猪は結構食べる機械があります。ウサギ(冬の)も一度食べました。

森のくまさん保護活動家の代表(女性)とネット上でやりとりしたことがありますが、まったくシーシェパードと同じです。「かわいそう」という内容の返事をコピペしてくるだけでした。

きっと子供の頃に偏食が酷かったんでしょう。

ちなみに愚息はまったく野菜が食べられませんので修行に出したい位です(笑)

蝦夷鹿は猟銃で打たれて捨てられているものが多いらしいです。単なるゲームの的になっている。
ブラックバス問題との共通点です。
Re: No title
B級歯科医様

良い本なのですが、93ページで1500円もするところがちょっと難しいところです。

> ワタシは鹿、熊、猪は結構食べる機械があります。ウサギ(冬の)も一度食べました。
@鹿、熊、猪、野うさぎも大好物です。 
 特にうさぎはさばくのは上手だと思います。

> 森のくまさん保護活動家の代表(女性)とネット上でやりとりしたことがありますが、まったくシーシェパードと同じです。「かわいそう」という内容の返事をコピペしてくるだけでした。

@う~ん、実は危険でしょうか、森の恵の命を頂く事は・・。
 魚、鯨も獣も無駄に食べるのではなく、捨てるところなく、大事に命を頂くのであれば、良いのではないかと
思うのですが・・。可哀相という理論でいったら、人間が食べるものすべて、命あるものを頂いているわけですから。しかし、このあたりは地雷なのかもしれませんね・・。
 鯨同様。他の方は分りませんが、私はどの肉も同じように頂きます。


> きっと子供の頃に偏食が酷かったんでしょう。
@いえ、たぶんイメージではないでしょうか。

> ちなみに愚息はまったく野菜が食べられませんので修行に出したい位です(笑)
@召し上がれるようになりましたか?

> 蝦夷鹿は猟銃で打たれて捨てられているものが多いらしいです。単なるゲームの的になっている。
> ブラックバス問題との共通点です。
@もったいないし、蝦夷鹿に申し訳ないです。
 命有るもの、粗末にしては本当に残念です。
 
 日本のスーパーを見ていると、鶏も魚も、豚も、牛も、小さく部位に切られているので、
 まったく姿が見えないものが多く、
 動物の魚の命を頂いているイメージが湧かないのも仕方なのかもしれません。
 
 
Re: Re: Re: 知床で見ました
あらいさん、
お帰りなさ~い。

> 今日は、活けのヨーロッパイチョウガニを買いました。
@最近、ハマっていらっしゃいますね~(笑)
 フランスでは大御馳走で、週末のパーティの時位にしか食べませんでした。
 結構高いのです。

> あの入り口のお店ですが、
> 今日は活けのが一杯あるよ~と声をかけられ、
> 生簀を見ると、隙間がないほど目一杯入ってました。。
> そこで、凄いハサミに指を挟まれないように注意しながら、一匹取り出して渡すと650gでした。
> 先ほど茹で終ったところです。
@う~ン、うらやまし過ぎ!!
>
> 後で、鹿もローストするので、
> 今日は、鹿と蟹ですね!
@まさに収穫祭ですね~。
 そうだ、神社での鹿の役割ってなにかありましたかしら。
 すごく気になりだしました。今日はチーズのイベントがあるので、そろそろ仕事モードに入らないと・・。
 花札に『いのしかちょう』ってありましたよね~。どうしてなんだろう。

> PS.
> 鹿ホルモン、気になりますね~
@本当に。猟師の友人に聞いてみます!!
 捨てるわけないですものね。
No title
鹿さん、好物です。

猟をする友人が鹿のスモークを分けてくれたことがあり、
このほかにもフランス料理で食べたことがあります。
くせがなく、噛むほどに味わいがありました。

息子が幼稚園のころ、ときどき何組かの家族連れで魚釣りやバーベキューをしました。
そのとき一緒になるお母さんの中に
鱒のお腹をカッターで割きながら(鱒釣り場で貸してくれるのです)
「大切な命をいただくのだから残さず食べるのよ」と子供に言い聞かせている人がいて、
感心したことを覚えています。
当たり前のことだけれど、その当たり前が難しくなってきてるのでしょうか。

殺生を人にまかせて食料を手に入れられるのは楽ですよね。
でも、いつかこの借りを返す日がくるのではと不安になることがあります。

まずは恵みに感謝して、無駄なく美味しくいただくことからでしょうか?


Re: No title
ひつじさん、
こんにちは、

ひつじさんも鹿、お好きなのですね!
美味しいですよね。
> 鹿さん、好物です。


> 猟をする友人が鹿のスモークを分けてくれたことがあり、
> このほかにもフランス料理で食べたことがあります。
> くせがなく、噛むほどに味わいがありました。
@本当に。旨味がじゅわっとして・・。

> 息子が幼稚園のころ、ときどき何組かの家族連れで魚釣りやバーベキューをしました。
> そのとき一緒になるお母さんの中に
> 鱒のお腹をカッターで割きながら(鱒釣り場で貸してくれるのです)
> 「大切な命をいただくのだから残さず食べるのよ」と子供に言い聞かせている人がいて、
> 感心したことを覚えています。
> 当たり前のことだけれど、その当たり前が難しくなってきてるのでしょうか。

@残念ですよね。

> 殺生を人にまかせて食料を手に入れられるのは楽ですよね。
> でも、いつかこの借りを返す日がくるのではと不安になることがあります。

@最近思うのですが、すでにそのしっぺ返しが来ているように思います。

> まずは恵みに感謝して、無駄なく美味しくいただくことからでしょうか?

@ひとつひとう大事に頂くことが始めの一歩のように思います。
 人間は、残念ながら多く命を頂かないと生きていけないのですよね・・。
 無駄に捨てる事だけはしないようにと日々思います。

No title
こんにちわ。

Jasminさんの口から赤い血がたらっと垂れる夢を見てしまいました。(笑

肉食女子ですね!

冷凍庫にカナダの鹿が700g位凍っています。
週末どうやって食べようかな~。
鴨の砂肝も1kgいるし楽しい週末になりそうです。
Re: No title
庄助さん、
おはようございます!

@冬は肉食女子になりがちです(笑)鹿、野うさぎ、猪、熊、・・・
 好きなものが頂ける時期なので、嬉しいです。

> Jasminさんの口から赤い血がたらっと垂れる夢を見てしまいました。(笑
> 肉食女子ですね!
@血がたら~・・はというより、ソースがたら~のほうがいいなぁ~。
>
> 冷凍庫にカナダの鹿が700g位凍っています。
> 週末どうやって食べようかな~。
> 鴨の砂肝も1kgいるし楽しい週末になりそうです。
@いいですね~~。
 カナダの鹿は美味しいですもの。
 鴨の砂肝はコンフィ!!にしたら最高。
 または串に刺して焼いて、ピメント・デエスペレットをふりかけると
 都内の某バスク料理のお店のメニュに近い感じになりますよ~。
 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。