スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
さんま寿司

さんま
さんまひらき

築地ではこの時期、サンマはめちゃ安く1キロ600~800円。
居酒屋さんのメニュ以外ではあまり売れないようだし、
サンマ寿司を正月の料理に食べる習慣のない関東では人気がないようで、
めったに仲卸さんのところでは見かけません。
でも、枯れたサンマでサンマ寿司を作ってみたくて、
サンマを購入。残念ながら熊野のものではなく、銚子。
塩を強めにして、一晩しっかり漬け込んでから作ってみました。
酢には橙を合わせたのですが、これが絶妙!
いや~、予想以上に美味しくできました!
さんま寿司の作り方は、開き方も含め様々です。

1 サンマは背開きまたははらびらし、塩をたっぷりして一晩おく。
  この時は中骨もとらず、開いてから水洗いもしない。
2 翌日、流水で洗いながら、骨を手で取り、中の黒い部分や背びれ部分の細かい
  ウロコなどをきれに取り除く。
3 合わせ酢(酢200ml、砂糖30g、橙果汁50ml)に一晩晩漬ける。これは好みで。
4 すし飯を作ります。橙果汁をすし酢に加えるのがポイント!
5 ラップにサンマをのせて、すし飯をのせて、しっかりとまいたらい出来上がり。

できたてのサンマ寿司よりも、翌日の方が酸味の角がどれてとても美味しくなるように
思います。
塩にしっかりと漬け込んだサンマの風味がとても生きて、これはハマる美味しさです。
塩につけるのが面倒であれば、サンマの一夜干しを使うのが良いかも。
サンマの安いこの時期、是非是非お試しくださいませ!!
関連記事
三重県・尾鷲 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
おはようございます。

素晴らしい、好奇心、実行力、スピード!
見習わなくては、、。(笑

寿司になった写真がないと思ったら、一番上がそうなんですね。もうちょっと斜めからご飯も見えるようにとってくださいね。(笑
Re: No title
庄助さん、
こんにちは!

> 素晴らしい、好奇心、実行力、スピード!
> 見習わなくては、、。(笑
@枯れた熊野灘のサンマは手に入りませんでしたが、銚子のサンマもかなり枯れてました(笑) 
 出来上がり、お米の感じ、これから写真とり、アップしますね!!
>
> 寿司になった写真がないと思ったら、一番上がそうなんですね。もうちょっと斜めからご飯も見えるようにとってくださいね。(笑
@出来上がりを食べてみて思いましたが、1日塩にしっかりしてから、やはり半日ほど合わ酢と橙の汁で漬け込む方が美味しいです。
なので、一夜干しのサンマが一番良いかもしれません。

枯れたサンマ寿司、どこが美味しいのって言われる方もいらっしゃいますが、
私はどうも脂のりのりも嫌いではないですが、人間同様、枯れた味のサンマ寿司、
私も枯れた人間ですから、好きかもです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。