スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
リエット!

鯖のリエットはフランスではかなりポピュラーな料理です。
しかし、写真に撮ると実にまずそうだなぁ~。
どうしても鯖の皮の色がグレーになっちゃう。

魚食倶楽部の時にも御出ししたのですが、
簡単に出来るし、パーティメニュにはおすすめ!
庄助さんからリクエストを頂いておりましたので、
作り方を乗せますね~。
作り方もクールブイヨンで煮込むタイプや、
オーブンで焼いて作る物など実に様々。
いろいろアレンジして使ってみてくださいませ。

材料表(人数)4-8人分
鯖        4枚(皮も骨も除いた正味)
エシャロット   2個(みじん切り)
にんにく     3片
塩、胡椒     適量
バター      15g
レモン      1個
白ワイン     1カップ
フロマージュブラン 125g(よく水分を切る)
カイエンヌ     小匙1/4-1/2(好みで調節)
コリアンダー   小匙1
ディル       適量
ローリエ      適量
シブレット     少々

作り方
1 鯖は三昧におろし、エシャロット、ディル、にんにく、塩、胡椒を振り白ワインをふりかけローリエを載せて
 180度のオーブンで20分程焼く。
2 鯖、レモン汁、フロマージュブラン、カイエンヌ、塩、コリアンダー、胡椒、にんにくをフードプロセッサーに
 かけ滑らかになるまで掻き混ぜる。
※ここですが、好みでフォークでほぐすほうが鯖っぽく仕上がります!
3 シブレットは微塵切りにして1/2を混ぜる。味を調える。。
4 翌日まで冷蔵庫で冷やす。
 バゲットやクラッカーと一緒に召し上がれ。

鯖はあまり脂ののっていないものでも充分に美味しくできます。
2~3日は保存できるので、今から作ればクリスマスに間に合いますね!

因に
リエットのとは?
保存食として、フランスのトゥーレーヌ地方で親しまれてきた郷土料理です。
本来なら豚肉のばらや喉、豚足などゼラチン質の多いお肉をラードの中でゆっくり火を入れつぶし、
パテのような状態にします。
それを、容器に入れてラードで表面を覆い隠し、
冷蔵庫に入れて1週間くらい寝かせて豚肉のパテ(リエット)に仕上げます。
いつごろからか、ペーストにしたものをリエットと呼ぶようになったようです。
最近では、肉以外の魚などで作ったものでもリエットと呼ぶようです。




関連記事
jasmin's recipe | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
ありがとうございます。

イワシのすり身の作り方ありがとうございます。(笑

作り方随分簡単ですね。材料もサバでなくて何でもいいみたいで年末に作ってみます。

飲み過ぎ、太り過ぎ注意。(大笑
Re: No title
庄助さん、
こんにちは!
鯖のリエットはとても簡単です。
ただし、鯖の味、食感を重視する場合、フードプロセッサーにかけずにフォークでほぐしてくださいませ。
お試しを~。
> ありがとうございます。
>
> イワシのすり身の作り方ありがとうございます。(笑
>
> 作り方随分簡単ですね。材料もサバでなくて何でもいいみたいで年末に作ってみます。
>
> 飲み過ぎ、太り過ぎ注意。(大笑
@はい、気をつけて、ダイエット週間にあてようと思っています!
No title
蛍光灯が器に映り込み過ぎだよ、それと器は焼き締めだとok
料理は素晴らしく美味しかったのに、残念。カメラの問題かもね?本当に準備から撤収までお疲れさまでしたv-218生で授業を拝見でき、魚文化が若い人にも継承できればいいな~と想いながら福岡の地で応援してますよ。
Re: No title
benさん、
こんにちは!
ほんと、今回はばっちり蛍光灯が・・・。
今後の課題ですね~~。
動画の撮影ありがとうございました!
楽しみです!
> 蛍光灯が器に映り込み過ぎだよ、それと器は焼き締めだとok
> 料理は素晴らしく美味しかったのに、残念。カメラの問題かもね?本当に準備から撤収までお疲れさまでしたv-218生で授業を拝見でき、魚文化が若い人にも継承できればいいな~と想いながら福岡の地で応援してますよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。