スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
カポナータ・シシリア風

イタリア・シチリアの伝統的な家庭料理カポナータ!
フランス料理のラタトゥィユという野菜の煮込みと混同されがち。

カポナータには、シシリアの名産、オリーブ、ケイパー、松の実がはいっていることが
多く、あとは味付けに酢とお砂糖が入っているのも特徴。

特に、シチリアの基本は油で揚げた茄子と
ズッキーニが少なめ。
イタリアでは、ナポリ風、イゾラ(島)風やら、カポナータのバリエーションは
いろいろあるし、それぞれ譲れないものがあるらしい・・。

基本は自分の好きな味を見つける事。
いろいろ試してみてくださいね。

jasmin's kitchenのおすすめレシピは..

Caponata
カポナータ
4人分
タマネギ       1個(タマネギは繊維を断ち切るように薄くスライス)
セロリ        1本(セロリは包丁の腹で叩いて香りを出してから薄くスライスする)
ズッキーニ      1本(縦4つ割りにし、1.5センチ幅くらいに切る)
赤パプリカ      1個 (熟したもの 1.5センチ角に切る)
黄パプリカ      1個 (熟したもの 1.5センチ角に切る)
米ナス        大1個(3㎝角切りにし、塩をふって水分と灰汁を取り除く)
ケイパー       大匙1
松の実        30g
オリーブの実     100g
塩          小さじ1/2
コショウ       適量
ホールトマト     1/2缶(約200g)
バジル        3枚      
オリーブオイル    大匙3
砂糖         小さじ2
白ワインヴィネガー  30ml

作り方
1 野菜をそれぞれの大きさに切る
2 ソフリットを作る
  フライパンにオリーブ油(大匙5・分量外)をいれて、強火にする。
  切ったタマネギとセロリを焦がさないように、2分ほど炒めて油に香りを移す。
  ※ソフリット:オリーブ油で香味野菜をじっくり炒め、野菜の香りを油に移す方法のこと。
3 2の鍋にケッパー、松の実、オリーブを加える。
4 強火のままズッキーニを加え、1分ほど炒める。
4 パプリカ、灰汁と水分を取っておいたナスを加えて、さらに2分ほど炒める。
4 ホールトマトを手で潰して、加える。
5 塩,コショウ,砂糖、ヴィネガーを加えて味を整える。
6 水分がとぶ程度に野菜を絡めながら2~3分煮詰める。
7 煮詰まったら火を止め、ちぎったバジルの葉を加えて、
 ひと混ぜしたら、完成。

※ポイント強火で作ること。
カポナータ・秋刀魚のフリット添え 

出来上がったカポナータは冷やしても美味しいし、
もちろん温かくても美味。
1日くらい時間が立った方が味がこなれて食べやすい。
アンティパストとしても、パスタを加えたり、お肉や魚に添えたりと
活用範囲がとても優秀なお料理です。

今回は旬の秋刀魚を筒状に切って、塩、胡椒、小麦粉、ローズマリーをつけて、
オリーブオイルで揚げたものにバルサミコ酢と一緒に添えてみました!
きりっと冷えたシシリアの白ワインで会わせたら最高!

カポナータ、召し上がれ!
関連記事
jasmin's recipe | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
jasminさん

カポナータってラタトゥイユとまったく一緒だと
思っていました

なるほどお国柄がでますね

そしてカポナータはシシリア名産のオリーブを入れるのが本式の
シチリアが本場のお料理ということなのでしょうか
それともシチリア産のオリーブを入れたならシチリア風?

青い海を眺めねがらワインを傾けたくなりました♪
カポナータ
かむさん、

カポナータとラタトゥイユ、本当に似てますよね~。
でも、もともと、この料理って、スペイン発祥説もあり、なんとも真偽のほどは・・。
ま、トルコとかギリシャ、中東でも良く似た料理が一杯あります。
ナポリだと鮪とか烏賊とか魚貝の入ったカポナータもありますよ~。

> そしてカポナータはシシリア名産のオリーブを入れるのが本式の
> シチリアが本場のお料理ということなのでしょうか
@シチリアはケイパー、松の実、オリーブの実、茄子が多めで本当はなすを油で揚げて加えるのが本式(でも太るので却下しました)、砂糖と酢が入るところがポイント。調味料以外は、すべてシシリアでとれるものばかり。

> それともシチリア産のオリーブを入れたならシチリア風?
@別に産地ってことではないはずです。オリーブだけはいってもシチリア風とは言わなかも。
地方料理は入っている内容物がポイント。

> 青い海を眺めねがらワインを傾けたくなりました♪
@良~く冷えた白いワイン、しゃぱしゃぱのシチリア産、一杯飲みたいですね~。

No title
なるほど
それではやはり
地方地方のカポナータが
いろいろあるということなのですよね
いえ、シチリアが本場だったのかと思ったのです
そういえば、ラタトゥイユももともとは
お肉が入っていたと聞いたのを思い出しました
ナポリでは魚介ですか
なるほどそうでしょうねぇ美味しそう!
カポナータ
かむさん、様々な地域でカポナータ、
作られていますが、一応、イタリアではシチリアが発祥っていう説が
強いです。

> いえ、シチリアが本場だったのかと思ったのです
@ごめんなさい、かむさんの『本場』という日本語のイメージが、
ちょっと分からないけど、シチリアが発祥の地説的で言えば、
本場?かなぁ・。

イタリア料理は、本来、地方料理とマンマ料理の集大成。
ま、所かわれば、そこの素材で作り方も材料も変わってくるのが
普通というところではないかしら。

> そういえば、ラタトゥイユももともとは
> お肉が入っていたと聞いたのを思い出しました
@え~それは、初めて聞きました!
 どの文献に載っていますか?すごく興味があります。
 
 もともとがニース料理のratatouille 。
 お肉が入るとしたら、地域的には羊?かしら、
 かむさん、是非、教えてくださいね~。

> ナポリでは魚介ですか
> なるほどそうでしょうねぇ美味しそう!
@確かに美味しいけれど、普通の野菜版が多いです。
 どこにでもあるって感じではないかなぁ・・。
 歴史的には古いレシピですが。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。