スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
つくし3
『土筆のグラッセ作り途中経過』
桜か満開になり春を感じていたつもりでした。
でも、実は少し感覚が鈍くなっていたように思います。
毎年、楽しみしていた六義園のしだれ桜の事も、
すっかり忘れていました。
今年はいつもよりだいぶ開花が遅かったようです。

福島県喜多方で採れた山菜を頂きました。
山菜を頂いて、香りをかぎ、料理をし食べていたら
本当に春がきたんだなぁ~っと、
ようやく春を全身で感じられたように思いました。
そう、春が本当に来たのですね。

頂いた山菜は浅葱、みやまいらくさ、もみじかさと土筆、そして山椒です。
刺草2
『ミヤマイラクサ』
みやまいらくさ 漢字の表記は深山刺草・蕁麻 イラクサ科ムカゴイラクサ属
別名あいこ 山菜の王様とも呼ばれるそうです。
学名はLaportea macrostachya
19世紀のフランスの裁判官で著名な昆虫学者Francois L de laporteの名前に因んでいるそうです。
日本・朝鮮半島・中国が原産地
茎や葉の裏側に鋭く細かいトゲがありそれが刺さると、蕁麻疹の語源ともなっている
激しい痒み・かぶれ・痛みを伴ない、
沢山食べるとヒスタミンを含有しているため,蕁麻疹・嘔吐・下痢を伴うので要注意。
刺草6
刺草4
葉は円形で鋸歯 ( きょし ) があり、しくしくっとします。
ギ酸も含まれているそうです。
見た目と違い、実に癖のない食べやすく料理しやすい山菜です。
少しだけ天ぷらに揚げて、残りはさっと湯がきました。
明日、ラヴィオリに入れてみようと思っています。
山菜天ぷら
『左上 深山刺草のかき揚げ 右上モミジカサ茎 下モミジカサ葉』

モミジカサは・・


刺草7
『モミジカサ』
もみじかさ(紅葉笠)キク科コウモリソウ属
別名:モミジソウ(紅葉草)、シドケ(しどけ)、シドギ(しどぎ)
葉は春の山菜として用いられ山菜特有の香りとほろ苦さ、歯ごたえがあり、
タラノメ(タラノキの新芽)と同様人気があります。
刺草1
生のまま天ぷらにしたり、おひたし、酢の物にすると美味しいと聞いています。
今回は一部を葉の形を生かした天ぷらと茎を叩いて粘りをだしてかき揚げを作ってみました。
残りは醤油に漬け込んでみました。
さすがキク科。香りが春菊に良く似ています。味はソバの風味に似ているように思います。    
浅葱1
浅葱はユリ科ネギ属の球根性多年草。
アサツキ(浅葱)は、同じネギの仲間の中でも、
特にたんぱく質や、ビタミン、ミネラル、カロチンやカルシウムなどの栄養も豊富。
さっと湯がいて下ごしらえをしました。
浅葱2
酢みそ和えが定番ですが、少しだけオリーブオイルと塩で食べてみました。
甘みが強くてなんとも美味しい~。薬味にするなんてもったいない。
これもあとで別の料理を作ってみます。
つくし6
頂いた山菜の中で今回一番楽しみだったのが土筆!
デブデブ食ッカーさんのブログで岡山県の平翠軒さんで土筆のグラッセを販売していることを知り、作ってみたいし食べてみたいって思っていました。
ちょっと穂が開いて緑色の花粉がついていますが、
綺麗に水で洗ってはかまを切り、さっと湯がき、
冷水に入れて灰汁を取り除きます。
茎、さっと茹でるととても綺麗なピンク色に変わりました。
つくし1
水と砂糖と同割りのシロップでゆっくり煮てからグラニュー糖を
からめて作ってみました。
ほろ苦さと甘さがなんだかとっても春を感じさせてくれます。
ちょっとした御茶請けにぴったり。
でも、是非平翠軒さん謹製の土筆のグラッセ食べてみたいので、
池袋西武で販売していることを発見したので、
近々購入してみようと思っています。
山菜で春爛漫!お裾分けくださった山G様に感謝!

あっでも大失敗!
深山刺草を素手で触ってしまい、
その手で顔を触ったのでかぶれてしまったのか痒い・・。
関連記事
茸・山菜 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
jasminさん、おはようございます♪

山菜、大好きです♪
日本のハーブですね♪♪♪

かき揚げに、オリーブオイルで酢味噌和え、
とっても春を感じる山菜のお料理ですね♪
そして、土筆!!!
わたし、幼い頃に頂きましたが、それ以降食べていませんが、美味ですよね♪

土筆のピンク色、綺麗で、いいですね♪♪♪

P.S かぶれ、大丈夫ですか。。。
かゆいと辛いですよね。。。
かぶれがひどくなると、おでかけも大変だと思いますので、お気をつけてくださいね。
Re: No title
三十路オンナさん、こんにちは♪

> 山菜、大好きです♪
> 日本のハーブですね♪♪♪
@そうですね!日本のハーブでしたね~。
 私も大好きです。今一番美味しいですよね~。

> かき揚げに、オリーブオイルで酢味噌和え、
> とっても春を感じる山菜のお料理ですね♪
@はじめて茎をたたいてみたのですが、とてもネバネバして面白かったです。
 オリーブオイルとも相性がよいですよ~。
> そして、土筆!!!
> わたし、幼い頃に頂きましたが、それ以降食べていませんが、美味ですよね♪
@私もすごく久しぶりに頂きました!
> 土筆のピンク色、綺麗で、いいですね♪♪♪
@そうなんです。茹でると色がぴかぴかに変わってびっくりしました。

> P.S かぶれ、大丈夫ですか。。。
> かゆいと辛いですよね。。。
> かぶれがひどくなると、おでかけも大変だと思いますので、お気をつけてくださいね。
@そうなんです。ついつい刺草をさわった手で顔触ってしまって・・。
 細かいぶつぶつが・・。ドジってしまいました(汗)
 やはり山菜って、強いのですね!!
No title
喜多方にしては早いですね。
会津地方はミヤマイラクをエラと呼びます。
福島はイとエの発音が微妙なので、トゲがささると痒くてイライラするからエラと言うのだと教わりました。
ドラエもんをドライモンと言うおじさんなのでちょっと確かでは無いかも(^^;
No title
秋山さま
おはようございます!
喜多方としては早いのですね・・。
『エラ』というのですか。
魚も山菜も本当に地域によって呼び名がいろいろ違うので面白いですね~。
今回はエラにえら~くかぶれちゃいました(笑
秋山さんは江戸っ子ですね!!
アサシシンブン、コーシー派ですか。
生命力いっぱいの春~♪
世間では “草食系” なんて言葉もありますが
春の山菜に関するかぎり、これほど生命力旺盛に
感じるものは無いですね!
「命の恵みをいただいてる」ってのを、お魚以上に
感じる瞬間があります。

あ、ところで山菜の王様って取り扱い注意なんですね。
オニオコゼみたいなのが山菜のなかにも・・・(汗
Re: 生命力いっぱいの春~♪
つきじろうさま、おはようございます。

> 世間では “草食系” なんて言葉もありますが
> 春の山菜に関するかぎり、これほど生命力旺盛に
> 感じるものは無いですね!
@そうなのですよね~。
 思いっきり冬の間に溜め込んだ汚れたものを捨て去るには最高のデトックス効果のある食材です!!

> 「命の恵みをいただいてる」ってのを、お魚以上に
> 感じる瞬間があります。
@はい!!
 特に自分で山に行って摘んだりしていると感じますね!!
 
> あ、ところで山菜の王様って取り扱い注意なんですね。
> オニオコゼみたいなのが山菜のなかにも・・・(汗
@そうなんです..。
 ものすご~くかゆくなって大変でした。
 こちらは顔がオニオコになってしまって・・

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。