スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
川魚盛り
釣り吉四平さんから
頂いた新潟の川の恵の数々。

鮎はもちろん、アユカケカジカどれも、絶品でした!

中でも、アユカケは漫画『釣り吉三平』にも登場する。
(これを釣り吉四平さんから頂くなんてご縁かしら・・)
アユカケは日本の固有種だそうで、カサゴ目カジカ科だそうです。
成魚は鮎を好んで食べるのだそうで (本当ですか?釣り吉四平さん)、
しかも、えらぶたにあるトゲでアユを引っ掛けて獲るといわれ、
「アユカケ」 という和名になったそうです。見た目が似ているから(?)別名カマキリ。
京都あたりでは『ゴリ』。
今回のアユカケは12センチ弱、大きく成長したアユカケは北陸・金沢地方では超・高級魚として珍重され、
「ゴリ料理」という郷土料理の材料にされるのだそうです。

さて、アユカケ、初対面なのでいろいろドアップ写真撮ってみました!
アユカケの顔アップ
顔のアップ とっても可愛い!
アユカケの尾
アユカケの特徴はブログを見て下さった『B級歯科医』様から、
『 それと参考までに、魚の縦縞横縞ですが・・。
魚の頭を上にして判断しますので、
アユカケは横ラインという事になります』
と教えてもらいました!ありがとうございます!

ということで、アユカケの見極めは横ラインがポイントです。

アユカケ 全身
全身は、今回は体調10センチ!でした。
アユカケのお腹
お腹は・・真っ白!
なんとなく、アユカケ、コチににてますね~。
しかし、身の色はグレー。これは写真、撮影し忘れたので後日一夜干しで紹介しましょう。

さて、アユカケ、料理どうしようかなぁって考えてたのですが、
今回は初アユカケ。ありがたい3尾ですので、
1尾は一夜干し、残り2尾は片栗粉と小麦粉をつけて唐揚げにしました!
せっかくの川魚。
塩もこだわり、大事に大事に使っている長野県・鹿塩温泉で作られている山塩を使いました。

アユカケ 山塩

アユカケの味わい、同表現したらよいのかしら・・。
実に繊細だけど、野性味もあり、なんと滋味・美味。
鮎よりも少し濃いめの味。今回は川の状態から内臓は
外したので、本来のアユカケの味わいとは違うのかもしれませんが。

山塩のほかに、フルーツトマトを刻んで、バジルペーストと
合わせて、アユカケと一緒に頂いてみましたがこれが想像以上に
美味しかった!
あゆかけ

トマトの甘みとバジルの風味がアユカケの独特の風味とあいまって、
すごく良かった!です。
合わせたワインはボルドーのソーヴィ二ヨン・ブラン。
すっきり系でぴったり!
幸福でした。
釣り吉四平さんに感謝!





関連記事
jasmin's recipe・魚貝/川魚料理 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
鮎掛けもこれだけ味わい尽くしてもらえば本望でしょうね
塩もすごいなあ

早速お皿を使っていただきありがとうございます
新しいデザインなのでうれしいです
新作、すごく面白かったです!
えのきがまさん、
アユカケ、実に美味でした~。

そして、えのきがまさんの新作も!

山塩、すごく作るまでは大変な作業ですが、山の魚にはぴったりです。

お皿、人気ですよ。
購入した四角い小さなお皿は、今日、大好きな友のもとに
嫁いでいきました。
最後の勇姿は明日アップしま~す。
上手く表現されましたね!
器の選び方が流石!魚が居る清流の川底の岩が頭に浮かびました。今度はもっと大きなアユカケを獲ってカルパッチョなんてどうなんでしょうか?カジカも色々な料理が出来ると良いですね!
Re: アユカケ
B級歯科医様、
初めまして!

アユカケの模様のこと、
ありがとうございます!
勉強になりました!

今度は是非、煮付けにします!

> それと参考までに、魚の縦縞横縞ですが・・。
> 魚の頭を上にして判断しますので、アユカケは横ラインという事になります。
> 余計なお世話でしたm(_ _)m

いえいえ、納得!ひとつ利口になりました!
Re: 上手く表現されましたね!
釣り吉さん、ありがとうございます!
武内さんの器、川底っぽいですね1。
是非、大きなアユカケ、楽しみにしています!

カジカもアユカケも味を記憶したので、
いろいろな料理を作ってみたいです!!!
よろしくお願いします!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。