スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
花豆煮物
久しぶりに煮豆を作りました。
作ったのは巨大な花豆の白バージョン!白インゲンではありません。
花豆3
本来、花豆というと紫色のものをイメージしますよね~。
私自身、群馬県の嬬恋村で花豆を作っていた時、紫色でした。
育てるのがとても難しく、なかなか上手に大きくならずたいした収穫量がなかった記憶があります。
豆の状態でも高級ですが、煮豆となるととっても高いですよね。
白花豆は紫色の花豆の中で偶然出来たものだそうです。
数が揃わないので商品にはならないのだとか。
今回の白花豆は、場外で60年、豆の専門店をされている三栄商会石川秀樹さんから頂いたもの。
三栄
正規品からはねられて、少し時間が経ったヒネの豆なんだそうです。
ヒネの豆は普通の豆よりも乾燥が進んでいるそうで、戻すのにちょっとだけ時間と根気が必要のようです。
秀樹さんから頂いたアドヴァイスは水を毎日取り替えて、しっかり戻してから煮て行く事だそうです。
今回は大きく綺麗に戻るのに丸三日、仕上げるのに丸一日かかりました。
ふっくらと大きくなった花豆をみたら、すごく嬉しくなりました。
ちゃんと手間をかけるとひねた豆でも、美味しく頂けるのですね!!

しっかり元の大きさにもどったら、お水から茹でて、灰汁をしっかり取り除き、
茹で汁を捨てる作業を4回ほど繰り返します。
きび砂糖と水飴を水に入れて沸かします。
この中に充分に茹でて軟らかくなって茹で汁を捨てた花豆を入れます。
そのまま一晩おいてから、翌日ゆっくりと煮上げます。

上手に軟らかく煮えるか心配でしたが、ぷっくり美味しそうにできあがりました。
三栄さん、美味しい豆、ご馳走様でした。




関連記事
築地市場 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
Re: No title
Mさん、おはようございます!
いつもありがとうございます。

御陰さまで、なんとか画像、アップできているようでほっとしています。
サーバートラブルって、本当に面倒ですね(涙)

> お魚も大好きですが、お豆も大好きです。
@私も大好きです!!

辰巳さんのご本を読んでいらっしゃるのですね。
私もとても刺激を受けた料理の先生です。
素晴らしい方ですよね。

嬬恋の畑はとっても楽しかったです。でも、いかんせん、広すぎて、一人で育てるには
厳しかったかなぁ・・・。
でも、また久しぶりに畑、始めたくなりました。
ご馳走様でした♪
ジャスミンさん先日はご馳走様でした。
さすがプロの味ですね^^
とても美味しかったです♪
きび砂糖の効果は勉強になります
また色々教えてくださいね^^
12月の新豆お楽しみに~
No title
豆や三栄 六代目さん、
今晩は!
こちらこそ、珍しい白い花豆、ご馳走様でした!!
ありがとうございました。
とても勉強になりました。
甘い豆も美味しいですが、料理に使うともっと美味しくいただけますね。
新豆、楽しみにしています!!
No title
Jasminさん 

今朝、原村の八百屋で白い花豆、500g600円で100袋以上に売っていました。
はねられたものなんですか、知りませんでした。

紫の大粒の物は売り切れで今季の入荷は無、小粒の物はたくさん売っていました。

その他、20種類近くの豆を売っていて、長野はまだ豆の文化が残っていますね。

Re: No title
庄助さん、こんにちは~。
暑いですね!!

> 今朝、原村の八百屋で白い花豆、500g600円で100袋以上に売っていました。
> はねられたものなんですか、知りませんでした。
@そうなのですね!!三栄さんによると白い花豆は、はねられたものらしいです。
 でも、明日、よくもう一度聞いてみま~す。
 それにしてもはやり、花豆は紫色のほうがイメージがありますね。

> 紫の大粒の物は売り切れで今季の入荷は無、小粒の物はたくさん売っていました。
@三栄さんでも紫のはもう売り切れみたいです。

> その他、20種類近くの豆を売っていて、長野はまだ豆の文化が残っていますね。
@長野は豆の料理もいろいろありますよね。豆、あらためて美味しいなぁ~って最近思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。