スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
アジ丸すし1
今回の大分訪問で新たな発見のひとつが、大分の郷土料理「アジ丸すし」!
佐伯の道の駅『やよい』で購入したのですが、小アジを開いて、紫蘇が挟んであって薬味には
山葵が使われていました。
関東だと駅弁で有名な小田原の鯵の押し寿司がありますが、山葵だったかなぁ・・・。
でも、鯵寿司や鯵を食べる時って、生姜、ネギを薬味にする事が多く「ワサビ」が使われているので
とても新鮮でした。
アジ丸すし2
このアジの丸寿司、魚の形をした醤油入れの大きさと比べてもらうと分るのですが、
小さな鯵を丁寧に開いて作ってありました。
本来は頭も落とさず一尾丸ごとを握るのが昔ながらのようですが、
今回のは頭が落とされているのがちょっと残念。
アジの丸すしは大分市内の郷土料理のひとつとのこと。
確かに大分って関サバ・関アジが超有名ブランド魚ですものね・・.
今回、国東でお友達になった両子の仁王さんのブログに紹介されていた大分の麦焼酎「知心剣」webページに大分の味を紹介するページがあり、その中に大分市佐賀関の「アジの丸すし」を発見!!
頭をつけたまま腹開きにしてアジの腹側にワサビを塗って、紫蘇を載せてから酢飯を握るって書いてありました。
いろいろ検索をしてみると背開きにしてお腹に酢飯を詰めて、上から赤紫蘇を巻くっていうのもあるようです。
http://gurutabi.gnavi.co.jp/gourmet/cat4/ajinomarusushi_oita/
http://www.oitarian.jp/koreuma/22.html
いずれもお頭付き!
しっかり酢で漬け込んでから作るので頭も軟らかくなり、全部食べられるようです。
この小アジの丸すし、やっぱり自分で作ってみるしかないですね~。
郷土料理は本当にどこも奥が深いですね。
勉強のしがいがあります。
さて、今朝の築地には小アジがあるといいのですが・・・。
関連記事
大分県 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
jasminさん、おはようございます♪

鯵も大好きな私です♪♪♪
数日前にほかの方のブログで
美味しそうな鯵を拝見し、食べたくなっていたところに
再度、鯵のお料理(w)うふふ

お寿司、とっても美味しそうですね♪♪♪

薬味にワサビは初めて知りましたが、
是非、試してみたく感じました♪♪♪
Re: No title
三十路オンナさん、おはようございます♪

アジ、美味しいですよね~~。私も大好きな魚です。
> 鯵も大好きな私です♪♪♪
> 数日前にほかの方のブログで
> 美味しそうな鯵を拝見し、食べたくなっていたところに
> 再度、鯵のお料理(w)うふふ
@そうなのですね~~。
 アジ寿司、おすすめです。
> お寿司、とっても美味しそうですね♪♪♪
> 薬味にワサビは初めて知りましたが、
> 是非、試してみたく感じました♪♪♪
@そうですよね~。私も初体験でした!でもなかなか紫蘇と一緒だと良く合いますね~。
 お試しを~~。赤い紫蘇バージョンも良さそうでした。
No title
おはようございます。
リンク貼らせていただきました。
両子河原座のメニュー今度知恵貸してください。
暑さ厳しいです。お気をつけて。
Re: No title
両子の仁王さま、おはようございざます!
先日はありがとうございました!
おそば、美味しかったです!!

> リンク貼らせていただきました。
@ありがとうございます♪

> 両子河原座のメニュー今度知恵貸してください。
@御役に立てる事があれば嬉しいです。
 いつでもお声かけてくださいませ。

> 暑さ厳しいです。お気をつけて。
@ありがとうございます。仁王様も御気をつけて~。
3日間かかる
 以前、佐伯に勤務していたとき「丸寿司は手間がかかるのよ」と米水津(よのうづ)の間越(はざこ)の奥さんから聞いたことがあります。確かに写真にもあるように頭をつけたままで外側に紫蘇で被ってしまいます。訊いた手順はつぎのとおり。

1)鯵を背開きにしわたを除き塩を振って一晩置く。
2)水で塩抜きし甘酢に漬けて一晩置く。
3)最後は寿司を詰めて紫蘇一枚全てを巻く。

と、いうことで「3日間かかる。」と言ってました。

PSうまく行くか分かりませんが5年前の記事をトラックバックしてみます。

Re: 3日間かかる
末吉さん、こんにちは!
情報ありがとうございます!!
>  以前、佐伯に勤務していたとき「丸寿司は手間がかかるのよ」と米水津(よのうづ)の間越(はざこ)の奥さんから聞いたことがあります。確かに写真にもあるように頭をつけたままで外側に紫蘇で被ってしまいます。訊いた手順はつぎのとおり。
@米水津(よのうづ)が有名みたいですね。次回、行ってみます!

> 1)鯵を背開きにしわたを除き塩を振って一晩置く。
> 2)水で塩抜きし甘酢に漬けて一晩置く。
> 3)最後は寿司を詰めて紫蘇一枚全てを巻く。
@確かに頭まで食べられるようにするにはしっかりと漬け込まないとできないですね。
 小さいアジで作るから手間かかりますね!!
 でもこれだと、できてから二日は食べられそうですね。
> と、いうことで「3日間かかる。」と言ってました。
> PSうまく行くか分かりませんが5年前の記事をトラックバックしてみます。
@ありがとうございます!!
 さっそく、拝見します。
 築地では大きなアジしかいなかったので、週明け探してチャレンジしてみようと思います。
No title
小田原のアジ寿司、大昔(多分50年くらい前)は丸一匹の頭つきあったような記憶がありますが、最近は切り身の物ですね。

小さいのは手がかかるし、材料の入手もいつでもというわけにはいかないからでしょう。小田原の物店によって違うかもしれませんが、生姜、紫蘇、ごまだったような気がします。
Re: No title
庄助さん、こんにちは!
頂いたマーマレード、まだ大丈夫ですよ~。ヨーグルトにかけて今日も頂きました。

> 小田原のアジ寿司、大昔(多分50年くらい前)は丸一匹の頭つきあったような記憶がありますが、最近は切り身の物ですね。
@昔はあのアジ寿司のお土産って嬉しかったのですが、最近はあまり食指が動かなかったのですが、ひさびさに購入してみようかなぁ・・・。

> 小さいのは手がかかるし、材料の入手もいつでもというわけにはいかないからでしょう。小田原の物店によって違うかもしれませんが、生姜、紫蘇、ごまだったような気がします。
@そうですよね~。ワサビって、ちょっと意外ですよね。
 大分の方に作り方をレクしてもらったので、再現してみま~す。
 ただし、赤紫蘇がないなぁ・・。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。