スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
しおつつみ2
あ、仕上がりのお皿に盛りつけた写真を忘れてしまいました・・。
すずきの塩がま焼きから、ひさびさに塩がまという調理方法を再認識!
久しぶりに子羊のもも肉を塩がま焼きで焼きました。
これがとっても簡単で美味しく出来ました。
しおつつみ1

子羊のもも肉に胡椒をたっぷり。
肉の表面を全面焼き色がつくまで焼きます。
あとはローズマリー、タイム、ローリエをまぶしてからバジルの葉か今日は大葉で包みました。
回りの塩はイタリア・シシリア産の粗塩に卵白を入れて、ローズマリー、胡椒、タイムを混ぜて作ったもの。
すずきの時と同様に全体に塗って空気が入らないように覆って220度のオーブン、続いて180度のオーブンで
焼いたら出来上がり。
夏場、料理をしたくないなぁ~ッという時、見た目も良くてお味も美味!
なおかつ手軽な料理としておすすめです。
今日はズッキーニのフランを付け合わせにしました。
すごく久しぶりに『肉食』。美味しいとワインも進みますね。


関連記事
jasmin's recipe | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
おはようございます。

肉処刑女子、あっ間違えた。肉食系女子久々の復活ですね。(笑

肉の塩釜やったことありません。ビジュアル的に楽しそうですね。盛り付けの写真もお願いします。
Re: No title
庄助さん、おはようございます!

> 肉処刑女子、あっ間違えた。肉食系女子久々の復活ですね。(笑
@はい、ほんとうに久々に肉汁たっぷり肉の塊を食べました~(爆

> 肉の塩釜やったことありません。ビジュアル的に楽しそうですね。盛り付けの写真もお願いします。
@え、庄助さんがお肉の塩釜作っていらっしゃらないなんて,意外です!!
 鶏一羽丸ごととか羊でも良く作ります。
 魚よりも失敗が少ないかもしれません。
 塩に小麦粉も入れるパターンもあります。
 鶏一羽、美味しいですよ~~~。って、書いていて作りたくなりました。
 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。