スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
アカモク2
京都・舞鶴のかねと食品さんから「アカモク」が届きました!
アカモク1

アカモクは海藻で、秋田、新潟、石川などの一部では昔から食用にされていたそうですが、近年は
岩手、宮城、福岡、神奈川など日本各地で新しい食材として注目うされている海藻です。
アカモク1
年の春、岩手でマツモを教えてもらった折り、やはり地元の道の駅で売られていたのがアカモクでした。

漢字では「赤藻屑」。「銀葉草(ぎんばそう)」、「神馬草(じんばそう)」、「ぎばさ」、「ぎばそ」と地域によって呼ばれているようです。
そうそう、今年の「とと検定」でも出題されたようですね!。
もう一回食べてみたいなぁ~っと思っていました。
アカモクの食感はしょきしょきっとしているのに、トロンっと粘りがあるというひとつで二つの食感が混在していて、とても面白い海藻です。
加熱するとものすご~く鮮やかな緑色になり、食物繊維、ミネラルもたっぷり!
庖丁で細かく切ると粘りがさらに出て、お餅のように粘ります。
炊きたてのあつあつ御飯にアカモクを乗せて、食べるとものすご~く美味しい!そうです。
他にもサラダや炒め物、かき揚げでも美味しく頂けるようですね。

実際に試食してみるとものすごく濃い、海藻の風味がぎゅっと凝縮しています。
まるで抹茶?!、噛むとふっと苦みを感じますが、なんだかハマる味ですね~。

かねと食品さんから京都府が出しているアカモクとホンダワラのパンフレットを頂いたのですが、
実に様々な食べ方の提案がされていました。なかなかの出来のパンフレットですよ!

今回、せっかく沢山頂いたので、豚肉のローストのソースとして炒めて添えたも、
アカモク2
アカモク3
もうひとつはアカモク、ベーコンを炒めて、生卵と合わせて作ったカルボナーラのアカモク入りパスタを作ってみました!
卵とアカモク、そしてパスタ、合いますね~。
なかなかヒットでした。

そしてもう一種はクリームチーズにアカモクをデザート液でアカモク入りジュレを乗せて、2食のゼリーを
作って、今まさに冷やし中~。

マツモ、メカブとも違う、独特の粘りと風味の「アカモク」!
きっと人気ものになるのは近いように思います。
見つけたら即購入ですね~。
肉、野菜、魚のソースとしても優秀!
美味しい素材でした。
かねと食品さん、ご馳走様でした。




関連記事
jasmin's recipe・魚貝/川魚料理 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
jasminさん、おはようございます♪

アカモクという海藻があるのですね。

海藻って、とってもヘルシーで、
大好きな私です♪♪♪

アカモク入りパスタ、とっても美味しそうですね♪

海藻のゼリー、夏にぴったりの前菜ですね♪♪♪
Re: No title
三十路オンナさん、こんにちは!

> アカモクという海藻があるのですね。
@わたしも、今年の春初めて知りました。
 いろいろなところで採れるようですが、
 食べる習慣は地域性があるようですね。

> 海藻って、とってもヘルシーで、
> 大好きな私です♪♪♪
@わたしも大好きです。美味しいですよね~。
> アカモク入りパスタ、とっても美味しそうですね♪
@食感が面白かったです。でも、まだまだ改善の余地がありそうです。
> 海藻のゼリー、夏にぴったりの前菜ですね♪♪♪
@アカモクとクリームチーズを合わせてみたのですが、
 なかなか美味しかったです!!
 写真アップ、しま~す。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。