スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Carpaccio di tonno fresco

2010/09/11 Sat 00:00

maguro
maguro2

築地市場は御存知のように、まぐろの専門の仲卸さんのお店がとても多い。
いや、一番多いのかなぁ・・。

冷凍ものを扱う店、生しか扱わない、それぞれの店で扱う鮪も
レベルも値段も扱い方も異なりますから、
なかなかお店選びに悩むのも鮪かもしれないですね。

美味しい鮪食べるには、気持ちの合う鮪の専門の仲卸さんと出会うことが
一番なのかもしれません。

と、なかなか鮪、難しいのでめったに手がでないのですが、
久しぶりに美味しい鮪に出会いました。


波重1
数ある鮪専門店の中でも、お魚仲間の平安姫さんからご紹介頂いた
波重さんの鮪はとっても良い鮪でした。

お店も清潔で、鮪の扱いも綺麗!
ご主人がとても親切で、
鮪の美味しい食べ方を丁寧に教えてくださいます。

今回頂いたのは銚子の鮪。

鮪の脂がお好きな方には好まれないかもしれないけれど、
赤身好きならたまらない鮪です。
さっぱりしているけれど、鮪らしい、旨味があって、
ほんと、美味しかった!

ほんとうは賄い用にとっておられた様々な鮪の切り端を、
味見させてもらい、
いろいろな産地の鮪の部位違いを食べ比べもさせていただきました。

波重さん、我が儘言ってすみませんでした。
でも大変、勉強になりました。
はじゅう

とても美味しい海苔も出していただいて、
最後は鉄火まで頂いちゃいました。

鮪って美味しい!って久しぶりに感じたくらい。

さて、頂いた銚子産の鮪、カルパッチョ風に仕上げてみました。
カルパッチョも、説明すると歴史やらいろいろ諸説あり、
複雑になるので、今日はさくっと流して、美味しくまぐろが
食べられればいいじゃん!ということで、本来のように薄~くは切りませんでした。

jasmin's kitchen レシピ

Carpaccio di tonno fresco
カルパッチョ ディ トンノ フレスコ

材  料
鮪       300g(5ミリ厚に切る)
ルーコラ      100g
オレガノ      適量
レモン汁      1個
オリーブオイル   大匙5
塩         小さじ1
胡椒        適量
粒マスタード    小さじ2
タマネギ      1/2個(繊維を縦に薄切りにし水にさらす)
マヨネーズ     小さじ1
好みでケーパー   適量

作り方
1 ボールに、塩、胡椒、粒マスタード、オレガノ、レモン汁、マヨネーズを良く混ぜる。
2 1にオリーブオイルを少しずつ加える。2のソースをまんべんなく鮪に合わせる。
3 鮪の切り身にタマネギの薄切り、ルーコラを乗せる。

実にシンプル。
思いっきり、イタリアらしくするなら、鮪の身をそのまま綿棒とか肉たたきで薄く、薄くして、
お皿にならべて、上からソースをかけてくださいね。

シシリアの白ワインがぴったり!


関連記事
jasmin's recipe | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
No title
手頃な値段のマグロも漬けや、カルパッチョにすると美味しく食べられますね。

写真加工されたようで何よりです。3週間続きに出張、今週は1週間ぶっ続けでの出張、寄る年波には勝てず今日はぐったりしておりました。

あしたはワタリガニの雄がたっぷり来る予定です。
カルパッチョ
庄助さん、
こんばんは!
確かにカルパッチョは、そこそこの魚でも美味しく頂ける手法ですね。

粒マスタードを入れるのが好きな味です。

渡り蟹の雄、どんな風に変身するのか楽しみです!
No title
庄助さん、
カルパッチョという手法は、そこそこの魚も美味しくしてくれるのでとても便利な食べ方ですよね!

写真、ありがとうございます。
まだ、実は納得出来ていないのですが、なんとかそれっぽくはできました。

出張、続かれているのですね~。
移動距離が長いと疲れますね!
お体大事になさってくださいませ。

明日はワタリガニの雄を、どんな風に庄助さんがアレンジされるのか、楽しみにしています!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。