スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日から9月。
今年は本当に暑い夏でした。夏バテされている方も多いですね。
kaguratougrashi20130901-8.jpg

そんな時にはスパイシーな料理に仕上げると香り、味で食欲を刺激してくれるようです。
先日、新潟県長岡市のNature farm しまださんから、新潟県長岡市の伝統野菜「かぐら南蛮」が届きました!
かぐら唐辛子2
このかぐら南蛮はピーマンのような形をしていますが、唐辛子!とっても辛いです。
地方によって、唐辛子を南蛮とか胡椒とか呼ぶようですが、長岡では「南蛮」とのこと。
ちょっと見た目には「かぐら」に似てますね!
かぐら唐辛子3
種はこんな感じ。とても辛いですが、爽やか系。
赤よりもグリーンのほうが辛いです。
元々は、旧山古志村で作られている伝統野菜で、形が神楽のお面ににているところから神楽南蛮と呼ばれたのだそうです。今回頂いたのは
山古志村ではなく同じ長岡市でも栃尾産です。
最近各地域で伝統野菜を見直す活動が盛んですが、長岡市も長岡野菜加工研究会長岡野菜があり、魅力的な野菜を作っているようです!
地元では、塩揉みしたり、味噌に加えたり、塩漬けや糀でつけた保存調味料「魚沼かぐら南蛮からっこ」という辛み調味料を作ったり、炒めたりなどで食べているようです。
島田さんから、フレッシュのかぐら唐辛子の他にかぐら味噌などの加工品も頂きました。
これがまた美味しい!!
かぐら唐辛子4
チーズやオリーブオイルなどとも相性ピッタリ。美味しいです。
せっかく頂いたかぐら唐辛子、私の大好きなフランスのバスク地方のエスペレット村の唐辛子Piment d'Espeletteに味、食感が似ているので、
いろいろ加工してみました!
kaguratougrashi20130901-7.jpg
かぐら唐辛子5
kaguratougrashi20130901-6.jpg
しっかりゴーグルをして、マスクを2重にしてむせないように(笑)、細かく刻んでから料理しま〜す。
気をつけないと要注意!むせちゃいます。
出来上がったのはこちら〜。
かぐら唐辛子1
ピンク色のほうはパルミジャーノ、松の実、オリーブオイル、ニンニクを入れてジェノベーゼ風。
グリーンの方は塩糀と緑のかぐら唐辛子!熟成させてみます!
kaguratougrashi20130901-9.jpg
もう一つはジュレ!これはかぐら唐辛子を刻んでから白ワインで茹でて煮詰めて作ります。
これはきっとチーズに合いそう〜〜。
かぐら唐辛子とあなご
そうそう、フリットにもぴったり。
加熱すると甘みもまして、また違ったかぐら唐辛子が楽しめます!!
さ、ピリ辛「かぐら唐辛子」を食べて、夏バテを吹き飛ばしま〜す。




関連記事
残したい日本の食材 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。