スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
そばもちと味噌

長野県の松川村に行ってきました。(松川町ではありません)
松本から大糸線に乗り換えて、信濃松川駅で下車。
東京から4時間近くかかりますが、安曇野の原風景が残っていると
言われる美しく、のどかな村でした。
松川

信濃松川
信濃松川駅

今回、食べたものの中で、
印象残ったのが信州味噌を使って作られている
『ねぎ味噌』。
ご飯にのせたり、野菜や、お餅にのせたり、
松本周辺から信州全体で
日常的に食べられる調味料だそうです。

蕎麦餅にも、しっかりネギ味噌が添えられていました。

長野は信州味噌が有名。
江戸時代より代々松本市の筑摩、出川、並柳地区に伝わる「松本一本ねぎ」も、
信州を代表する伝統野菜のひとつなのだそうです。

この両方を合わせて作るねぎ味噌は、昔っから、長野の人の常備惣菜。
各家庭で味が違うようですが、ご飯のお供として、欠かせないものの。

地元の方に教えていただいた「ねぎ味噌」は、

長ネギ   300g  
味噌 大さじ5 
砂糖    大さじ2~3  
酒     大さじ1  
かつお節  20g

作り方
1 長ネギは小口切りする
2 味噌、砂糖、酒、かつお節を加えて混ぜ、ネギ味噌ダレを作る。

そう、混ぜるだけ。ちょっと甘めがポイントのようです。

きっと、ねぎ味噌は、信州に限らず、全国各地、各家庭の味が
あるのでしょうね。
こういうシンプルな調味料、ほっとします。

今回伺った、信濃松川はスズムシが特産品。
道の駅で、ちゃんと?!スズムシが売ってました。
suzumushi1.jpg
「すずむし」1,000円
それに、suzuhikari.jpg
すずひかりというお米も有名。
最近、この地域ではこのすずひかりで米粉を作り,
米粉のパン作りが盛んだそうです。
もちろん、すずひかりそのものもとても美味しいお米です。

松川村のゆるキャラ
りんた
「りんりんちゃんとりん太くん」
りんた
立派な石像も建っています。

ついつい悪い癖で、「スズムシって食べられるのかしら」って地元の人に質問したら、
思いっきり、引かれてしまいました。食べたら、だめ、ですよね~。

松川村、いろいろ美味しいものがありましたが、
私の一押しは、地元・宮沢牧場さんの新鮮手作りソフトクリーム!
そふと
「宮沢牧場」
固まるぎりぎり限界までミルクの量を増やし、出来るだけ他の材料を少なく
つくっているので、出来上がりが真っ白で、ミルクの味も爽やか。
絞り立てのミルクの風味が生きていて、
食べ終わっても全然クチの中がべたべたしないのです。
そふと2
「できたてソフト」

奥様が丁寧に作ってくださって、大変美味しかったです。
そふと3
「宮沢牧場の奥様」

安曇野の原風景とこのソフトクリームだけで、大満足の一日でした。









関連記事
jasmin's recipe・調味料 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんばんわ。

ねぎみそのおやきも中々いいですよ。

>スズムシって食べられるのかしら
仕事先で悪い評判が立たないようにしてくださいね。(笑

かまきりのような先生なんていわれていたりして・・・。
Re: No title
庄助さん、
ねぎ味噌入り、おやき、確かに美味しそうですね。
道の駅でも売っていましたが、今回は売り切れでした。

でも、便利な調味料ですね、ねぎ味噌。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。