スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
getaria22
Rodaballo (ロダバジョ)「カレイ/鰈」

ゲタリア13
焼き上がりはこんな感じ!

ビスケー湾に面している漁港ゲタリア (バスク語:Getaria、スペイン語:Guetaria)。
ここはかつては捕鯨の拠点でもあったそうです。
それに大好きなデザイナー・バレンシアガの故郷!
素敵な美術館がたっています。

緑色のブドウから作られる白ワイン、チャコリ(es:Chacolí)の一種DOゲタリアコ・チャコリナ(Getariako Txakolina)の生産地としても有名です。

ゲタリア2
レストランの外には大きな炭火のストーブがど~んとあります。

ゲタリア3
気温30度の中、炭火が熱い!

ゲタリア4
焼き手の手腕で相当味が違ってきます。
仕上げはオイルをかけてふっくらと!

getaria23
今回選んでもらったカレイは1.3キロの中くらいのもの!

ゲタリア6
ものすごく身がふっくら焼けていました!
美味しかった~。たぶん、過去食べた白身の魚の焼いたものでは最高!

ゲタリア
レストランELKANO、偶然見つけたお店でしたが、超当たり!
地元の方で賑わっていました!
領収書

魚はすべて重さで値段が決まります。
今日のは1.3キロ キロ68.00だったので、一尾焼いてもらって88.40ユーロ!!
ほぼ1万円強。
清水の舞台から飛び降りていただきました。

でも、これは払ったもの以上の感動ものの美味しさでした。
ゲタリアは魚好きには最高の町かも。
ただし、ここはプロの漁港なので、魚屋さんが思っていた以上に少なく、
残念でした。

海はとても豊で、入江にいっぱいイワシが泳いでいてびっくり。
網さえあれば、どこでも獲れそうでした。

ゲタリア、時間があればまた是非、訪れたい町です。
ゲタリア
関連記事
フランス・スペイン/バスク地方 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
No title
オー、おだいじん!
女は度胸!

とても会社のお金でないと貧乏な私にはできません。(笑
1/4刺身、1/4ムニエル、半身塩焼きで食べてみたいと思ってしまったケチな男です。(爆

こういうストーブがあっていつも火がおこっているというのはいいですね~。釧路の炉端焼きやさんみたい、だいぶ雰囲気が違いますけど、、。
Re: No title
庄助さん、

私も人生初御大尽!でした。
というのも、一緒に食事をした女性が「食べたい!』とおっしゃられて・・・。
割り勘なので、辛いですが、このあと朝、昼、晩とカレイ三昧しました(笑)
その後の食事はピンチョ1個でした・・。
ただ、よく考えてみると、1.3キロのカレイを料理、そして綺麗にサービスしてもらえたので、
日本のレストランと比べると破格に安いかもと思いました。
この経験はとても勉強になりました。

焼き手は女性も男性も、店によって、まちまちでしたが、皆さんすごく暑い中
焼いていらっしゃるのにも関わらず、大柄(笑)でした。

地方に行く時には一人で行く事が多いので、なかなか大きな魚を一人で注文するのは難しいのですが、
今回の連れの女性は魚好き!だったのでほんと良かった!!!

庄助さん、ゲタリア、おすすめの町です。

だって、湾内どこでもいわしが網ですくえちゃうのですもの。
旅に出たくなってしまう
エンガワが魚焼きからハミダしとる!!

面白いですね~ 焼いてる魚に闘魂(オイル)注入ですか(笑)
忘れていた旅の楽しさを思い出させていただきました。
旅に出たくなってしまう
エンガワが魚焼きからハミダしとる!!

面白いですね~ 焼いてる魚に闘魂(オイル)注入ですか(笑)
忘れていた旅の楽しさを思い出させていただきました。
Re: 旅に出たくなってしまう
えのきがまさん、
こんにちは!


> エンガワが魚焼きからハミダしとる!!
@そうなんですよね~。
 でもこのエンガワ、地元の人は残していました!
 私たちは食べきれないので、1/4のみお店で食べて、
 残りは頭も骨もすべて持ち帰り、食べ尽くしました!
これだけ美味しいカレイは初めてかもしれません。
ただ、鱗がちょっと、気になったかなぁ~。

> 面白いですね~ 焼いてる魚に闘魂(オイル)注入ですか(笑)
@思いっきり、上から注入していました!
> 忘れていた旅の楽しさを思い出させていただきました。
@やたら魚屋さんばかり、気になって・・。
 困ったものです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。