スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
getariko1

バスクは本当に美食の地域と言われるだけあって、どこに行ってもなにを食べても完成度が高いし、外れがないのですよね~。
だから、ついつい食べ過ぎてしまいます。
さて、バスクで飲むお酒の楽しみはなんといっても地酒のチャコリ。
txacolina

チャコリは微発泡性の白ワイン。
性質上デリケートで、ほとんどがバスクとスペイン国内で消費されていたのですが、
最近は輸送手段が格段に良くなったこともあって、
こだわりのスペインワインを扱っている輸入業者さんがチャコリを輸入するようになり、
日本でも少量ですがチャコリを楽しめるようになってきています。

ただ、やはり、コストがかかることもあって、かなりのお値段なのが残念な
ところかなぁ・・。
現地では平均的なチャコリだと一本2ユーロから8ユーロくらいまで。
カフェで飲むと一杯1ユーロ~2ユーロどまり。
パリの珈琲よりも安いのですよね~。
getariko2
アルコール度数も7~8%と低く、
すっきりとした酸味と泡の加減が
魚貝類にとても良くあいます。
ピンチョスと一緒につまみながらチャコリを飲んでいると
バスクに来たなぁ~って幸せを感じます。

さて、このチャコリ、バスク語ではTxakoli
写真でおじさんが大きなグラスにかなり高い位置からチャコリを注いでいます。
この注ぎ方をescanciar(エスカンシアール)と言いますが、
ex2
ex1

この注ぎ手をEscanciador(エスカンシアドール)というのだそうです。

バスクはこれが一般的なのかなぁと思っていましたが、
ちょっと良いワインを飲ませるワインバーに入ってチャコリを頼んだら、
普通のワイングラスに出されたので、エスカンシアールを使わないの?って質問したら、
良いチャコリはちゃんとしたワイングラスに普通に注ぐなのだそうです。
エスカンシアドールをするのは、日常的なチャコリだけのようです。
ま、確かにこの入れ方、ワイン虐待になるかもしれませんね・・(笑)
きっと、昔はあまり良い作りではなかったワインを美味しく飲む方法として
考えたのかもしれませんね。

チャコリ特有の酸味は、魚介類全般にとてもよくあいます。
特にまぐろ・すずき・アンチョビ・貝類、などとの相性は抜群!。

チャコリを飲む時のグラスはスペインではVASO SIDRA GIGANTE (バソ シードラ ヒガンテ)
50 CL.という専用のグラスで提供するカフェが多いようです。
getariko3

以前、シードラのグラス・チキートを購入したことをfromages2002.comのブログにアップした時に、
いろいろ調べたのですが、他の方のブログにこの大きなグラスをボデガと書いてある方が多く、
気になって今回調べてみたら、ボデガ(bodega)というのはデュラレックス社の、商品名のようです。

そうそう、バスク三昧できる1日バーを開店することにしました!
チャコリ、エスカンシアを購入。そして、以前かなり沢山購入したバソ・シードラ・ヒガンテも
揃っているので、日本に戻ったらバスク料理パーティを企画しました!

10月2日土曜日 午後4時から午後22時まで。
『1日だけのバスク・ピンチョスバー』開店!
先着20名のみ。
お時間は自由に来て頂けるようにと考えています。

詳細はあらためてアップしますが、
ご興味のある方はお問い合わせくださいね~。
チャコリ、シードラ、ピンチョス、ハモン、エスペレットの唐辛子などなど、
美味しいバスクの料理を楽しんでもらえたらなぁって思っています。


さてさて、チャコリですが、ざっとの紹介です。
バスクは雨の多い地域なので、あまりワイン作りは盛んではないのですが唯一、
微発泡性の白ワイン『チャコリ』が作られています。
カンタブリア海に面する東斜面にワイン畑があり、葡萄の木は1.8メートルのエンパラードアルト(“emparrado alto”)と称する棚に栽培されています。
雨が多く湿度が高い日本のワイン畑の、”棚つくり”に良く似ています。

栽培されている葡萄は主に白葡萄のオンダリビ・スリ(HONDARRABI ZURI)80%で、
その他にはリースリング、プティ・コルボウ、シャルドネ、黒葡萄のオンダリビ・ベルツァ(HONDARRABI BERZA)が栽培されています。

基本は若飲み。
収穫後1年くらいで飲み切ってしまうものがほとんど。
アルコール度数も8~9%と軽め。

D.O. Arabako Txakolina- Txakoli de Alava(アラバコ・チャコリナ-チャコリ・デ・アラバ)
※ビスカイヤのすぐ南側にあり、海から30キロほど内陸に入っているので、雨量の影響もすくないので、株仕立てで育てているところがおおいようです。
D.O. Chacoli de Guetaria(チャコリ・デ・ゲタリア)※畑が海に面して北向きの斜面に作られていて、生産量の89%をを絞めているのがオンダビリ・スリ。

D.O. Chacoli de Bizkaia(チャコリ・デ・ビスカヤ) ※オンダリビ.スリ100%の酸の強い白ワインと巣種横領の赤ワインがつくられている。

チャコリをもっと楽しむには
http://www.txakoli.com/el-txakoli_es_1_2_243.html
も面白いですよ。

チャコリ、飲みにバスクに行きませんか?
関連記事
フランス・スペイン/バスク地方 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
はいはいはいっ☆、参加希望!!
なんとステキな1日バスク企画!!、ぜひぜひ
ワタシもご一緒させて下さいませ。夕方なるべく
早い時間にお邪魔したいです。

いやぁ、楽しみだなぁ~♪
ところで「ついつい食べ過ぎた」jasmin様って、
もしかして “巨大化” して帰国なさるのではと(汗
Re: はいはいはいっ☆、参加希望!!
つきじろうさん、
さっそくありがとうございます!
ピンチョスもご用意して御待ちしています!

詳細、あらためて御連絡しますね~。
是非、お友達もお誘いくださいませ!!

> ところで「ついつい食べ過ぎた」jasmin様って、
> もしかして “巨大化” して帰国なさるのではと(汗
@戻ってから、ジムで鍛えないと・・・
参加お願いします。
素敵な企画ですねえ。

私も思わず「はいはいはいっ☆」です。
もし人数に余裕があるなら、友人と二人参加出来たら幸せです。

宜しくお願いします。
Re: 参加お願いします。
ひつじさん、

具体的な事はあらためて、お知らせしますね~。
バーですので、ふらりとどうぞ~。
一日バー
はい、楽しみにしています。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。