スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バスクの魚屋さんの匂い

2010/09/26 Sun 00:00

トロサの魚やさん

今回、バスクの魚の店をいろいろ覗いてみて思ったのは、
ビルバオの公設市場は改装中だったこともあって、
あまり状態が良くなかったけど、個別の店舗の場合、
日本の魚屋さんにありがちな独特の匂いがまったく
なかったこと。
決して,鮮度が抜群とはいえないイカも売っているのですが、
どこも綺麗でした。

氷はクラッシュ状のものが下氷に使われていますが、
どの店舗も天井からシャワーがつるされていて、
すぐに水洗いを徹底しているからかしら・・。
トロサの魚や

それとディスプレイの仕方!
これはパリもそうでしたけど、とにかく各店舗こだわって、
綺麗にみえるようにすごく工夫しています。
ま、魚にバラの花というのは好みでしょうけどね・・。
sakana
この店も氷はクラッシュしたもの。
ここはコリアンダーの葉とレモンを飾っていました。

sakana
sakana

同じ鱈でも飾り方で随分雰囲気がちがいますね~。

sakana2
魚のすぐ脇に加工品も売っています。
鰻の稚魚はもちろん、別の魚のすり身で作られた最近はやりのもの。
ざっか
ここは果物やチーズなど様々なものを売っているお店でしたが、店先に
いきなりいわしが綺麗に並べられていました。
一瞬干物?かと思い、買おうかなぁとお店の人に聞いたら、普通の生を綺麗に並べたのだとか・・。
危なかった・・・。
いわし

そういえば、フランスの魚屋さんにはどこでも牡蠣、
ムールなど貝類がとても多く並んでいましたが、
バスクにきてからは牡蠣はまったくみかけなかったです。

それと、珍しい魚に出会ってないかも。
ちょっと、魚種的には同じかなぁ。

本日のサービスショットはトロサですごく美味しかったカフェ solana 4の写真。
tolosa

彼女もすごく感じよかったし、ワインもピンチョも最高!
次回はトロサにしばらく滞在したいなぁ・・。
ピンチョとワインがあれば充分に幸せ。

だんだん帰りたくなくなってきています。

スペイン・魚 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
長いですね
フランスのお仕事長いですね。いつご帰国ですか?
Re: 長いですね
きんのりさん、
そろそろ帰ります。
でも、本当は帰りたくないかなぁ・・って感じです。
No title
外国は、魚を乱雑に並べてる印象があるんですが、違うんですね! でも、薔薇はちょっと…。(^^ゞ
Re: No title
ありけんさん、
スペインもフランスも地域によりますが、魚は高級ですので、
大事に扱っています。
バラは、わらっちゃいますよね~。
確かに。

ずっと健全なのかも…
jasminさん、

こうしたお魚は、一般の方々が買いに来るんですよね。
jasminさんの写真をいろいろ見ていて、大きいのも結構そのまま売っているんだな~と感じました。
日本で、タラを一本買って行く人は先ずいないでしょうし、
そもそも切り身でしか売ってないですよね。。
魚をあまり加工しないで売買してるのって、ある意味健全なのかも…って思ってしまいました。

やっぱり日本事情は危機的なのかも。。
Re: ずっと健全なのかも…
あらいさん、

> こうしたお魚は、一般の方々が買いに来るんですよね。
そうなんです。
ごくごく普通の人が普通に買い物に来て、
どこの魚屋さんも人が入っていて、並んで買っていました。
切り身で売っているところは見る事がなく、
半身か全部かどちらかでした。
パリのスーパーとかでは切り身も見る事がありますが、
バスクではそのまんまって感じが多かったです。

> 魚をあまり加工しないで売買してるのって、ある意味健全なのかも…って思ってしまいました。
@ゲタリアのレストランの外で炭火でそのまま焼いている様子を見て、
 こういう店が日本にもあったらいいのにって思いました。
 炉端焼きが近いのかもしれませんが、少し違うのかなぁ・・。

> やっぱり日本事情は危機的なのかも。。
@フランスでもスペインでも魚は決して安い素材ではありませんが、
 日本はもしかすると魚を売る事に、手間をかけすぎてしまっているのかもしれませんね。
 
 普通に、シンプルに魚を楽しみたいと改めて思いました。

 築地に行くのが楽しみになりました。
 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。