スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
bidegoian9
今回のバスクで一番良かったのはtolosaと宿泊した小さな村Bidegoian(ビデゴイアン)!
ここはまさに山のバスクを堪能できる静かで可愛い村でした。
サン・セバスチャンから約40キロ山側に入ったところに位置しています。
人口は500人ちょっと。
こういう村で暫く過ごせたらいいなぁ~。
朝・晩、動物の声しか聞こえてこないくらい本当に静かなところです。
bidegoianmap
街中にはレストランが一軒。
教会のすぐ近くに村の人の憩いの場所『Kontsejo』があります。
ホテルのオーナーから、「自分の家で食事するような感じのご飯が
食べられるよ」と薦めてもらったお店です。

窓から店を覗くと、地元のおじいさんたちで賑わっていました。
外にメニュがでていないので、ちょっぴり不安でしたが、
地元の人が食事しているならきっと普通の値段で食べられるかなぁ。
中に入って行くと、皆親切!

皆さんバスク語だったので、ほとんど聞き取れないでいたら、
お店の女性が親切に、今日のメニュを全部手書きで書いてくれました!
bidegoian5
どれもすごく美味しそうだったのですが、野菜不足だったので、
選んだのは前菜はインゲンの生ハム煮込みとツナのサラダ。
どちらも超シンプルでしたが、実に優しい味でボリュームたっぷりで
したが、ぺろりと平らげることができました。

bidegoian2
ツナ、ハム以外は近所の畑で作っているものばかり。
インゲンと生ハムの煮込みは、作り方を教えてもらったので、
戻ったら早速作ってみるつもり。

メインに選んだのは、ウサギとマメの煮込みと鱈のロースト。
どちらもお母さんが作った家庭料理そのもの。
bidegoian3
bidegoian7
これにデザートとコーヒーがついて、なんとひとり10ユーロ!!
ワインを一本と水も頼んで合計二人で23ユーロ。
ゲタリアで食べたイカの一皿よりちょっとだけ高いだけ。
デザートの写真がないのは、実はさすがに食い意地の這っている私でも
お腹が一杯でデザート別腹が出来ず、ワインも持ち帰ってしまいました。

食事中、お店の方がいろいろ教えてくださったのですが、
隣のテーブルにフランス語が少しできる方がいらして
訳してもらえてすごく助かりました。

満月の月夜、のんびり優しい気分で宿泊先のホテルまで夜道を歩いて帰りました。

宿泊先のホテルは村の小高い丘の上にある
17世紀の建物をリノベーションし2009年にオープンしたばかりのRIRARTE JAUREGIA
全19室。
村に唯一一軒だけのホテルです。
ここはRELAIS DU SILENCERELAIS DU SILENCE 1968年に作られたヨーロッパのホテルのガイドブックに載っています。
コンセプトは『静けさ』。
決して華美ではなく気持ちの良い宿泊環境、家庭的で温かなもてなしが受けられるホテルが
選ばれています。
お部屋はシンプルで、朝食もとても美味しく、大満足。
二泊しかできませんでしたが、できればもっとゆっくり滞在したいホテルです。

バスクはやっぱりいいなぁ~。
関連記事
フランス・スペイン/バスク地方 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
おはようございます。

環境も建物も内装も落ち着いていて素敵なホテルですね!
1泊お幾らぐらいなんでしょう?下世話ですいません。

旅行にいくとどうしても野菜不足になりがちですね。(除く中国、韓国)
中華料理屋に行くとか、スーパーの惣菜売り場で買うとか、アメリカだと牛の餌のような山盛りサラダをたのむとか・・、フルーツで代用するとか・・。

インゲンと生ハム煮込み見た目はいまいちですが素朴でいいかも。


Re: No title
庄助さん、
こんにちは。

> 環境も建物も内装も落ち着いていて素敵なホテルですね!
> 1泊お幾らぐらいなんでしょう?下世話ですいません。
@bidegoianのホテルは朝食付きで一泊140ユーロでした。
 スペインのサイトでから予約するともっと安く泊まれたようです。
 このホテルの朝食はパリだったら20ユーロは当然とられるであろう、すごく良い内容でした。
 オレンジジュースも絞りたて、卵料理、ベーコン、果物、甘いものからパンも様々。 
 ヨーグルトもいろいろ。本当に良かったです。唯一コーヒーと紅茶が普通だったかなぁ・・。
 とてもおすすめです。
 ただし、回りには観光地はないので、滞在型でのんびりこのホテルで本を読んだり、
 散歩をしたりして過ごすのが一番だと思います。

 かなり田舎のホテルには泊まっていますが、ここは久方ぶりの大ヒットでした。
 オーナーも良い人でしたし、設備も整っていました。
 ネット環境が良かったのが一番。

 出張中はホテルにキッチンがついている場合は料理できるので、問題ないのですが、
 どうしても野菜、取れないのですよね・・。

 スペインは果物がとても豊富で安いので助かります。
 私は生野菜より、加熱した野菜が好きなので、今回食べたインゲンと生ハムの煮込みは見た目は悪いですが
 本当に美味しかったです。こういう料理が胃も心もほっとします。

 庄助さん、バスク、いいですよ~。
 

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。